様々な人間の思念エネルギーについて

今日は人の思念について
思うところを書いてみたいと思います。

日々セッションをしていて思うのは、
人間の思念というのは、
何と強力な影響力を時空を越えて
及ぼすのだろうということです。

たとえば、
力のあるお坊さんがこの場所に
強力な結界を張ろうと意図して
術を施したなら、そこには
その意図の通りの結界ができますし、
それが実際に数百年の単位で
持続しているケースもあります。

それは、
志を抱いたその人が努力を重ね、
その一念によって志を遂げ、

またその志に触れた人が触発されて、
それが脈々と受け継がれていくという
継承によって、持続しているのでしょう。

受け継がれる思いの力ですね。

これはポジティブな例ですが、
逆にネガティブな例としては、

死してなお、何かしらの心残りがあって
この世を彷徨っている死霊もあれば、

生きている人が意識・無意識的に
心配や執着、恨みなどの思いを
飛ばして相手を苦しめていることも
あります。

また、そうした様々な思念が
物や空間に宿ることもあり、
アンティークや中古品、古着など、
次の所有者に何かしらの影響を
与えることもないわけではありません。

その物を使うことで
気分が落ち込んだり不安になったり、
時には死にたくなってしまうなど
という事例も聞くことがあります。

幸せな気持ちになるなら良いのですが、
基本、中古品は入手したときに
念入りに浄化をされてから使うことを
お勧めします。

一方、空間の場合は、
その残留思念がその場所を構成する
バイブレーションの一つとなって
そこを訪れる人の意識を左右します。

たとえば、
長年祈りの場であった神社仏閣などには
祈りのバイブレーションがその空間に
プログラムされますから、

そこを訪れた人は、そのバイブレーション
に触れて、何となく敬虔な気持ちになったり
神仏に感応しやすくなったりということが
あったりもします。

ただ、神社仏閣、教会など
祈りに関係する場所だからと言って、
必ずしも清浄な聖域で悪いものは
来ないというわけではないことは
心しておきましょう。

救われたい未浄化霊やよからぬ者も
引き寄せられている可能性は
無くはない、というか結構あるので、

そこでもし
何かの存在に感応したからと言って、
それが必ずしも高次の存在だと
いうではありません。

また、過去にそこで大量虐殺があったとか
繰り返し拷問や虐待が行われた
ような場所は、近寄るだけでも
寒気がしたり嫌な感じがするものです。

よからぬ存在をお持ち帰りしてしまう
可能性もないとは言えないので、
近づかない方が無難でしょう。

このように、見えないけれど、
無意識にそういう空間に刻まれた情報を
私たちは読み取って反応している
ものなので、

そういう本能的、自然な反応には
素直に従った方が良いように思います。

不用意に心霊スポットに近づかないとか、
悲劇のあった場所に長居しないとか、
事故物件なども、気にしない人もいますが、

不審な事故や事件があった場所などには
被害に遭った人の思念が残っている
可能性も高いです。

以前ご相談に見えたあるクライアントさんは、
引っ越してから夫婦仲が悪くなった
そうですが、

リーディングしたら、
以前の住人は絶えず喧嘩をしていたようで、
その空間のそこここに殺伐とした
争いの思念エネルギーが残っていました。

これでは、確かに和やかには
暮らしていけないだろうな、
と納得の事例でした。

空間も、物と同じように
まずは浄化が必須だと思います。

長年そこに住んだ人がいる場合は、
その人が生きていようが死んでいようが
やはりその人の残留思念があります。

ですので、自分がそこに入るときに、
しっかりお香やホワイトセージで
浄化をしたり、

波動調整用の音源を使ったり、
ヒーリングエネルギーをかけたり、
よくお掃除をすることが大切です。

そうして、新しく入った自分の
バイブレーションに少しずつ
書き換えていくんですね。

よほど重たい思念でなければ、
そういう対処で大体は事足りる
と思います。

それでもダメな場合は、
もうちょっと専門的な対処が必要
でしょうから、そこを離れるとか
専門家に依頼するなどした方が
良いでしょう。

人の思念にも色々な種類があって、
ヒーリングエネルギーの内の
ある部分も、そういう思念を含む
場合がありますね。

思念エネルギーそのものを使っている
場合もありますし、使うエネルギーは
思念ではなかったとしても、
コントロールの部分でプラクティショナーの
意図は入ると思うので、多かれ少なかれ、
という部分はあるでしょう。

要は、使いようかな、と思います。

極端に恐がる必要はありませんが、
そういうこともある、と用心して
できる対処はあらかじめしておくことで
防げるものもあるでしょう。

受け取る影響が自分にとって
好ましいものなのかどうか、
良く精査して対処して行くことです。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
7月14日(木) 19:00~22:00
8月12日(金) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 自分の感情を誰のせいにもしない在り方

  2. ネガティブな妄想を信じない

  3. 自分で自身を満たす決意

  4. 第610弾 無料遠隔ヒーリング

  5. 相手の未熟さを受け入れたときに見えてきた世界

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
TOP