面子を保つよりも大事にすべきもの

以前勤めていた職場の上司で、
現場のことは何も知らないのに
仕事の上っ面の作業をさらっと見て
自分はよく知っているつもりになり、

あれこれ指示を出すけれど
その指示がとんでもなく的外れで
作業負担もひどく、現場は大混乱、

それでいてプライドばかりが高くて
俺の言うことを黙って聞いてりゃいいんだ!
みたいな強圧的な態度で接するので
スタッフのみんなからものすごく
嫌われていた人がいました。

えぇ、もちろん私も
大っ嫌いでしたけれど(笑)、
とにかく人の話を聞かないんですね。

面子を潰されるのを何より嫌う。
プライドを保つためだったら
筋だってどこまでも曲げるし、
人の迷惑なんて考えない。

合理的な認識や判断なんて、
到底できたもんじゃありません。

もう10年以上も前に関わった
この人のことをふと思い出したのは、
プライド故に、認めるべきことを
認められず、受け入れられず、
固まって動けなくなっている方を
見たからでした。

この方は例の上司のように横暴では
ありませんが、内に抱えている要素が
同じでした。

傍から見たら、そんなプライドなんて
何の役にも立たない下らないもの
にしか見えませんが、

当人にとっては、
それが何よりも大切にすべき
優先事項になっています。

しかも、そこには理屈や道理なんて
全く通用しません。

本人が嫌だと言ったら嫌なのです。
それ以上、交渉や説得の余地も
ありません。

どんなヒーリングやセラピーのテクニックも、
本人の意志の上に働くので、上っ面で
プライドよりも大事なものを優先したい
と言ったとしても、肚の内で裏腹なことを
思っていれば、効力を発揮することは
ないのです。

通常だったら、
プライドが崩れていく恐怖や痛みを
受け止め、統合していくよう導くのですが、
それすも拒否しているとなると、
もうお手上げです。

しかも、拒否している認識も持てないという。

う~~~~ん。悩ましい。。。

私にできることは、
根気強くこの方の気づきの機が熟すのを
見守るしかないかな、と思ったのですが、

一方で、クライアントさんは
私自身の鏡でもあるわけで、
そういう視点から見たときに、

私にもプライド故に見えなくなっている、
見ようともしていない何かが無いだろうか?
という問いも出てきます。

我が身を振り返ってみれば、
あるな~、と思い至りました。

冷静に見れば、ホントに下らない
ちっぽけなプライドなのに、
心をガチガチに固くしてしまって
機能停止状態になってしまう。

心が凍り付くようなこの感覚を
まずはお迎えに行ってみました。

こういう感覚は、理屈や理性で
どうにかできるものじゃないんですね。

これはこれとして、
在るがままに受け止めてあげないと、
昇華できません。

気づくべきことに気づけるように。

見せても見えず、聞かせても聞こえず、
触れさせても触れないような
鈍い感覚の中にまどろんで、
一体何をしているのか。

そんなお叱りの声が聞こえてきます。

確かに私は、気づくべきことに
気づかぬように、感覚をひどく鈍くして
逃げているところがあるな、
と思いました。

まずは、これを止めて、
引き受けるべきものを引き受けられる
自分で在るように意識を向けて
いくことにします。

面子を保つことよりも
大事にしなければいけないことがある
という、優先順位を誤らないように
したいと思います。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
2月24日(土)17:00~20:00
3月25日(月)19:00~22:00
4月24日(水)19:00~22:00
・・・
●年末年始は12月30日~1月3日までお休みをいただきます
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 本質を受け取る能力を磨く

  2. 私たちの中に眠っている可能性の種

  3. 心残りと一期一会

  4. 第695弾 無料遠隔ヒーリング

  5. 信仰について思うこと

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
TOP