メッセージを受け取り応答できる自分でいること

人生には、様々なメッセージが
そこかしこに溢れていて、
私たちを幸せにするヒントが
ちりばめられています。

日常のほんの些細なことから、
人生の岐路を決定するような
重要なことまで、

そうしたサインを受け取りながら、
或いはスルーしながら、私たちは
様々な選択をしているわけですが、

今、人生が思うように幸せではない
と感じているなら、うまく受け取れず、
応えられていないメッセージが
あるのでしょう。

自身の選択で、
これは正解だった!と思うものもあれば、
これは大失敗というものもあると
思いますが、

似たような失敗を繰り返しているのなら、
サインを受け取ることか、
応答するところのどちらかに
何か支障があると言えます。

蛇に睨まれた蛙、とよく言いますが、
睨まれている段階で一目散に
逃げればよいものを、

そろりそろりと近づいてくる蛇に
睨まれたまま、固まって動けない
のだとしたら、

逃げるための動作を妨げているものに
対処しなければいけませんし、

ことが露見するまで全く気付かずに、
いつも大事になってからやっと
気付いて、大きな痛手をこうむって
しまうというのなら、

何か、気付きたくないことがあって、
ネガティブなサインに無意識にも
蓋をして自分でわからないように
してしまっているのかもしれません。

世の中、知らぬふりをして
幸せを演じている方が良い
という選択もあるのでしょうが、

それは本当に生きたかった
人生でしょうか。

たった一度の人生で、
選びたい選択なのでしょうか。

自身の尊厳を、粗末にせぬように。

しっかり心眼を開いて、
賢くサインに応答できる
自分で在りましょう。

人間関係を構築する中で、
人と接しているときに
全く自分がお留守になっている人を
しばしば見かけますが、

どんなときも自分から離れずに、
今自分が何を感じ、何を思ったかに
注意深く気づいていましょう。

それが、そのときに
どう応答すべきなのかを
教えてくれているんですね。

たとえば、
誰かと話しているときに
何か不快感を感じて嫌だな、
と思ったのに、

自分がお留守になっていたら、
そのサインに気付けません。

不快感を飲み込んで、
相手の無礼を許し、相手に自分を

必要以上に差し出して、
不健全な人間関係を築いてしまう
かもしれません。

本当だったら、
その人との関係性を一歩引いて、
用心するとか、バッサリ切るなど
すべき時に、そういう行動を
取れないんですね。

あるいは、誰かと話していて
とても心が温かくなり、
豊かになる感覚があったのなら、

今後もそのご縁を大事にしなさい
ということだろうし、今すぐ
連絡先を交換しなさい、
というサインかもしれません。

どんなサインも、
それを受け取る自分が現場にいなければ、
つまり自分がお留守になっていては
受け取りようもないし、
行動できないのです。

だから、自分がしっかり
自分に留まって、何を感じているか
注意深く在りましょう。

このように、自分が感じているものこそ、
正解とか間違っているとかいう
外部の基準にかかわらず、
自身の歩みの出発点なのです。

そこから、あらゆる内観が始まり、
人生が展開していくからです。

幼少期などにこの感覚を
徹底的に否定されたり、
ものすごくショックな出来事で
混乱させられた人は、

しばしば、自分が感じているものが
おかしいのではないか、と、素直に
自分の感覚を受け取ることが
できなくなっていることがあります。

自分が暑いのか寒いのか、
このお料理がおいしいのかまずいのか、
この花は美しいのか醜いのかすら、
誰かに聞かないと安心できないのです。

そのようなケースでは、
混乱しているその感覚自体を
統合してあげると、健全な自尊心を
取り戻し、自分軸を立てることが
できるようになってきます。

すると、人生からのメッセージに
適切に応答できるようになるんですね。

深く深くこの世界に地に足をつけて、
誇り高く、自身の人生を描いてきましょう。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
7月21日(日)17:00~20:00
8月20日(火)19:00~22:00
9月18日(水)19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. そうまでしないと気づけないこと

  2. 第715弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  3. 残心(ざんしん)

  4. やりたくもないことを止めるために

  5. 自分を大切にするための強さ

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
TOP