神人一如

ここのところ、これまで以上に
自分の命の願いにチューニングし、
自身の真実を大事に意識して
過ごしていたら、

何か選択を迫られる場面で
思う以上に、

自分がやりたいこと、やりたくないこと、
もっと何がしたいのかが自身の内側から
はっきりと湧き上がってくるのを
感じました。

今までは、同じような場面では
もう少し消極的というか、受け身の
姿勢でいたように思うのですが、

このようにしたい、という
確たるニーズと喜びを感じられたのは、
自分でも驚きでした。

自分自身の純度が上がると、
こういうところがよりはっきりと
わかるようになるのですね。

そして、そういう自分の思いに応えて、
ニーズを満たしていくようにすると、
人生はどんどん良い流れに乗って、
パワーが増していくのを感じます。

これ故に、
自分に嘘をついて誤魔化すことや、
嫌なことを無理強いするとか、
好きでもないものごとを我慢して
身の回りに置いておくのが
いかに感性を濁らせ、混乱させるのか
ということを思いました。

だから、必要ないものは
できるだけ早めに処分して、
今の自分のバイブレーションを
純粋に保つことを大事にしたら、
次への歩みも素早く軽やかでしょう。

もちろん、無理くりに断ち切るとか
そういうことではなく、あくまでも
きちんと心のけじめをつけて行く
ことが大事ですけれどね。

それからもう一つ、
別の変化も感じていて、
今までは、内なる神を感じるのに
ハートを主に使っていたのですが、

近頃は、やたらと第6チャクラに
神なるものの願いというか意志
のようなものを感じるようになりました。

両者は別のものなのか、
同じものを別の捉え方をしている
だけなのかは今はまだ良く
わからないのですが、

第6チャクラで感じるその感覚に
深くチューニングしていくと、
ハートを始め、その他の主要チャクラも
響いていく感じがあるので、別のもの
ではないのかもしれません。

今は以前に比べて随分と
ゆったりペースで過ごしているのですが、
それもこういう繊細な意識を探求するには
丁度良いのでしょう。

この意識でいる時は、
私自身の命の願い=神なるものの願い
となっているような感じで、

もしかしてこれが神人一如の入り口
みたいなものなのかもしれません。

この感覚でふと思い浮かんだのは、
私のアチューメントメニューに
シルバーヴァイオレットのエネルギーが
あるのですが、

このエネルギーのマントラの一部に、
「私は純粋なる神の望み」という
文言があるんですね。

私は伝授を受けてからずっと、
その意味を知らずに使っていたけれど、
これがそれだったんだ、ということを、
やっと実感を持って理解したような
気がしました。

言葉で理解するのではない感覚を使って、
私は神の望みを知り、体現する。

気心の知れた友人やパートナー同士が
言葉で言わなくても以心伝心で
思いも意図も気持ちも通じてしまう
あの感覚にちょっと似ているでしょうか。

そのような意識で居ると、
マインドはす~っと鎮まり、
とても穏やかです。

あれほどまでにプレゼンスにこだわって
マインドの静寂を求め続けても
実現できなかったことが、
今は自然にそうなれます。

そこに至る道は無数にあるけれど、
私は自分なりに、自分のペース、
必然のタイミングで、ようやく
その入り口に辿り着けたのかな、
と思いました。

自分に嘘が無いというのは、
本当に大切な導きなのですね。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
7月21日(日)17:00~20:00
8月20日(火)19:00~22:00
9月18日(水)19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. そうまでしないと気づけないこと

  2. 第715弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  3. 残心(ざんしん)

  4. やりたくもないことを止めるために

  5. 自分を大切にするための強さ

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
TOP