唯一無二のこの自分

ダイヤモンドの原石を磨くことは、自分を信頼し、自分自身に誇りを持つことに繋がっていきます。その輝きを目にすることは、自分から逃げなかったこと

奥義と口伝

奥義というのは、何やら仰々しい秘伝の箱に入った巻物のことではなく、道を究め抜いていったときに辿り着く「自明の理」なのではないかと私は思ってい

高尚な概念に逃避する人々

「神と一体の自分」に至る道は、自分というこの存在をすっ飛ばして全く違ったところから神なるものをインストールすることでは成就しない、と私は思っ

天命について

プロとしてその道を行くというのは、きれいごとじゃないのだということ。その仕事のものすごく神聖なところと、ものすごく闇深いところ、汚いところを

ハートの本質に触れる

永遠の領域を生きる彼には、今現在のストーリーはまるで眼中になく、ただただ、時を越えて開いて行くだろうその時のために、種を蒔き、惜しみなく叡智

魂に刻まれた神の象眼

痛みが深いほどに、恩寵もまた深いとつくづく思うのですが、心が凍り付くほどの残酷さと魂の芯から震えるような恩寵は同時に成り立つのですね。そして

自身の在り様がわかるセンス

自分が本当に誠実に、正直に向き合っているのかどうか、逃げていないと言い切れるのか。その言葉を吐くときに、その声に真実の響きはあるのか。逃げな

内なる叡智に対峙する

自分の中には様々な要素があり、それを画一的なマニュアルで対応するのは不可能です。より深いレベルに掘り下がれば下がるほど、唯一無二の自分の要素

自身の在り様とチャクラ

直感的に見て、下から第1,2,3までと第4のハートチャクラから上はやはりちょっと質感的に違うものがあるな、と思うのですが、下の3つのチャクラ

TOP