人生に流れる恩寵と問い続けること

今この瞬間にまだできることが少しでもあるなら、やり尽くすことです。たとえそれが、ただひたすらここいにて、息をすることであったとしても。そして

意味や目的を越えて

そんな風にしている内に、今度はだんだんと、自分を駆り立てる思いが落ちていく。こうなりたい、これが欲しい、こう在るべきという欲が薄くなっていく

重く暗い道が明けるとき

完全な自分になったら始められるというものでもないし、どれほど未熟な自分でも前に進まなければいけないときがあります。未熟な自分でぶつかるからこ

神聖なる力

授かった力というのは、自己満足のためのツールではないんですね。それを通して己を磨き、世に奉仕する神聖な道そのものなのです。そういう意識で力と

ハートの声に従って生きる力

霊性は、人間の人生にとって非常に重要な要素であるにもかかわらず、私たち多くの日常からは注意深く切り離され、排除されている要素であるように思い

畏怖の念と自他の命へのリスペクト

畏怖の念は、人間にとって非常に大切な感覚であり、深く、霊性の根本につながるカギであるような気もします。畏怖の念を持っているからこそ、自分や他

本当に欲しいものを求める

自身のより精妙な領域から来る導きを受け取り、対話することは、何も特別な人にだけ与えられた特権ではないのです。自分でそれに触れ、対話しながら人

内なる導きとともに在る歩み

内に感じる導きを、何よりも大切にするように。誰かと比べることなく、誰かに確認するのでもなく、ただ、自身の内に確認するように。もしそれで失敗し

絶望と恩寵

私は絶望と恩寵を分離していたけれど、そもそもそれが間違いだったのかもしれない。絶望の瞬間にも、恩寵とともに在ることは可能なのではないか?と思

TOP