プレゼンス雑感

ただ目の前に在るものとともに在るというシンプルな彼の教えが、神の世界への入り口になるわけですが、あれほどリアルな神の実在を求めながら、その神

初心に帰る

どんなに優れたマスターが命の真実へと誘っていたとしても、その導きを実行できるまでには、自分でクリアしなければいけない段階があるのだとつくづく

受け継がれたバトン

自分が辛い時、こんな思いをしたご先祖様がいただろうかと思いを馳せてみると、ふと、自分の中に受け継がれた血に刻まれた記憶の中に、複数の方の人生

授かったギフトと在るがままの自分

授かったギフトを花開かせていくには、ギフトとハートから対話することが必須で、ハートの奥から来る魂の願いのようなものを通してギフトを表現してい

大切なものを感じる感覚

自分の人生を導き、この世界にいざなった命の潮流のようなものをしっかり捉えられるようになると、深い安堵の感覚が人生に裏打ちされます。たとえ困難

永劫の時を越えて

内なる神に心を向けて、その導きに叶うような在り方が出来たとき、自分にだけわかるような形で印が来ることがあります。傍から見たら、何のことはない

人生に流れる恩寵と問い続けること

今この瞬間にまだできることが少しでもあるなら、やり尽くすことです。たとえそれが、ただひたすらここいにて、息をすることであったとしても。そして

TOP