神への不信

私が本当に窮地に陥った時、それでも神を見失わずにいたならば、どうなっていたのか。肉体も精神も、崩壊していく中で、私が神を見限らずにいたならば

神への不信と絶望の構造

自分のワークをしていて、以前からどうしても超えられない壁があるな~と感じていたのですが、先日これにがっつり向き合って見たところ、色々と面白い

TOP