時間と空間についての気づき

今日は、クライアントさんからの
ふとした質問で、時間と空間について
面白い気づきがあったので
これについて書いてみます。

昨日はワークの掘り下げでストーリーを
展開させいくときに、どう質問したらいいか
というご質問がありました。

ワークではよくされる質問ではあるのですが、
質問された方は体感覚は良く取れる方なので、
そこからの展開ということでポイントを
絞ったときに、面白い話が出てきました。

その方はよく不思議な体感覚を捉える方
なのですが、そういうものが浮上すると、
「一体これは何?」というところで
どうやっても掘り下げが進まないそうなのです。

今生や過去世のストーリーを掘り下げる場合、
通常は自分がどこにいて誰になっていて、
何をしているのか、なぜそれをしているのか
などを聞いていったりします。

たとえば胸のザワザワ感からストーリーを
浮かび上がらせる場合、それを感じながら、

それが一体どんな感情なのか、
読み取っていきます。

自分で意識を凝らして辿っていくと、
恐れで蓋をしていない限り、
大体出てきます。

たとえばそれが恐れだった場合、
何を恐れているのか。
どうして恐れているのか。

この辺りから、過去世なのか今生のことなのか
だんだんとわかってきますね。

過去世であれば、
今自分は女性なのか男性なのか。
年齢は。どんな身分なのか。仕事は。
住んでいる場所。家族構成などを
見ていきます。

こういうところはヒプノと一緒です。

そこから、
その状況や行動に至るまでの流れを
感情にフォーカスしながら
明らかにしていきます。

ヒプノの過去世セラピーでは、
まず自分の居る場所を特定するために、
足元を確認しますね。

岩の上とか木の床、草原、砂漠、
海岸、森の中など。

そして足の形状から性別、身分、仕事、
年齢などを見ていくわけです。

ということは、この方法だとまず
自分の居る空間を特定してから
時間の流れを展開させていることになります。

で、ご質問者さんの場合は、
不思議な体感覚からまったくそういう
空間情報が取れなくて、
そこで行き詰っていました。

その感覚が何の役割を果たしているのかも
さっぱりだそうで、はて。。。
と私も一瞬、思案してしまいました。

(その体感覚の奇妙さと、
この方のこれまでのストーリーの出方からして
今生の話ではないことは分かりました)

そこでふと思いついたのは、
ではその体感覚は、いつから始まったのだろう?
ということでした。

そのストーリーの人生の最初から
それがあったのか、それとも人生の途中から
それが始まっているのか、
まず「時間軸」を捉えようとしたのです。

何かのタイミングで始まったのなら、
必ずそこには何らかのきっかけがあったはずです。
そこからストーリーを展開させればいい。

そう思いついた瞬間、
時間があるということは、空間がある。
空間があるということは、時間がある
ということなのだと理解しました。

あぁ、そういうことか、と。

そこからまた、以前ある方が
時間が0になったとき、空間は無限大になり、
空間が0になったとき、時間は無限大になる
という話をして下さったことを思い出しました。

とても深いプレゼンスのレベルでは、
時間が消えるポイントがあるそうです。

ということは、
私たちがそのようなレベルの意識である時、
あらゆる空間に偏在している、
と言えるわけです。

だから神は遍在すると言われ、
レナードはプレゼンスの中で神に出会う
と言うのですね。

サティア・サイババもそうでしたが、
昔から、聖者が同時に2か所以上に現れる現象が
伝えられていますが、

この理屈から言えば、なるほど
と頷けるところはあります。

そして、時間を超えた存在は、
空間が0になるというのも
感覚的には腑に落ちますね。

時間も空間もともに0であれば、
空間も時間も無限大、
になるのかな?

よくわかりませんけれど。。。

これが
「在りて在る者」
ということでしょうか。

ということは、0は無限大への入り口。

だから「0ポイント」が変容ポイントなのですね。

(数学は大の苦手でド素人なので、
あくまで私の感覚です。
どうか突っ込まないでくださいませ(^^;)

私たちの多くは0になることを恐れます。
無くなってしまうことだと思うからです。

けれど、0は「無い」ということではないとしたら。
それは無限大への入り口なのだとしたら、
私たちの恐れはナンセンスになります。

そういえば、「0=無限大」のこの感覚。
インドの富の神様、ラクシュミーやバラジの感覚に
似ているかも。

どちらかというと、バラジの方かな。

バラジは日本ではあまりなじみのない神様
かもしれませんが、お布施の額がバチカンに次いで
世界2位と言うとんでもないパワーの神様です。

ビシュヌ神の化身と言われ、
「罪を洗い清める者」という意味を持ちます。

サロンでもお祭りしているのですけれどね、
そういえば今日はサロンにバラジをお迎えして
丁度4年の日でした。

不思議な符号と気づきは、
バラジのお導きでしょうか。

この感覚、さらに熟成させていきたいと思います。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 人生の明暗を分けるもの

  2. 筋を通す

  3. 快楽に没入しに行く意識

  4. 漫画「どんな自分もまるっと愛する」のご紹介

  5. 自分自身の主体性を取り戻す

カレンダー

2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
TOP