スピリチュアル特別講座29「自身のルーツにつながって生きる底力を取り戻すワーク」(12/18)ご報告

この日は特別講座が初めての方と、
以前にも講座やワークショップなどにご参加
くださっている方々のクラスでした。

今回は公開できるご感想をいただいていないので、
私のご報告をもってかえさせていただきます。

この講座ではその方の内面深くの在り方を
読み取りながら、問いかけ、わだかまりを癒し、
また統合していくことで、自身のより深いレベルに
繋がっていくということを目指しました。

それぞれ、エネルギーをかけながら
問いかけ、見えてきたのは、

被害者のポジションに固執しつつ、
自身を呪い、人生に背を向けていたりする
姿だったり、

地に足をつけて生きて行こうと思いつつ、
コンプレックスを逃げ道にしている
姿だったりが浮かび上がってきました。

普通に日常を過ごしていたら、
恐らく気づくことはないであろう
その側面について問いかけてみると、
みなさん、どこか腑に落ちるものがあったようです。

よもや自分にそんなものがあったとは
露知らなかったけれど、言われてみれば
これまでの人生の色々なものが符合してくる。

そんな気づきが、その方の中で
波紋のように広がり、
次々と別の気づきにつながっていきます。

ある意味、気づきたくなかったことかもしれません。

知ってしまったら、今まで自分がそうだと
信じ続けていた世界の大前提が
変わってしまいますから。

これまでは、
誰かや何かのせいにして被害者になることで
自身の内で感じている無力感などに言い訳が
できていたのが、全くできなくなってしまいます。

多くの人は、自身の内でぬぐいがたく感じている
無力感などの感覚をひどく恐れ、蓋をして
目をそらしています。

けれど、本当にそれに直面し、
受け止めて行ったとき、その奥から
自身の本当の力が湧き上がってきます。

そうした場面に立ち会うほどに、
私たちがしばしば恐れているのは、
自分自身の本当の力なのではないか、
と思うのです。

パワフルに力を発揮しても大丈夫な自分
をしっかりと確立しましょう。

そうすれば、安心安全に、
誰も傷つけることなく、自身も傷つかずに
持てる力を発揮して、幸せになることが
できます。

自身の力を封印するために、
無力な被害者でいなくてもよくなるのです。

自身の内から絶え間なく湧き上がる力に
自分をどれだけ明け渡すことができるか。

さらにチャレンジしていっていただきたいと
思います。

今回も、真摯な取り組みの場に立ち会わせていただき、
ありがとうございました。

2019年の年の暮れに得たこの気づきが、
来るべき新しい年にさらなる飛躍を
もたらしますように。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
10月10日(月祝)17:00~20:00
11月8日(火) 19:00~22:00
12月8日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 良い時も、そうでない時も

  2. アチューメントを通して広がっていくもの

  3. 第623弾 無料遠隔ヒーリング

  4. 愛にまつわる概念の歪み

  5. 第621弾 無料遠隔ヒーリングご感想

カレンダー

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
TOP