ビジョンと自分の現実を地続きにする

このご時世、日一日と何かカオスが
更新されている感じがしますが、

ヒステリックに恐れを煽るような情報を
拡散する人もいれば、それに乗って
トイレットペーパーやティッシュを
買い占めに走る人もいるし、

また務めて冷静になって、
自分にできること、大切なことに
フォーカスして生きようとする
人もいます。

現実世界が混乱状態になると、
まことしやかに陰謀論やら
スピリチュアルなアセンション話なんかが
あちこちで浮上してくるのだけれど、

そういうものを否定する気はないものの、
個人的には自分で確認できるもの、
自分の感覚にフィットして腑に落ちるもの、
理解できるもの以外は、そういう話もある
程度に流しています。

そういう話は、ある人々にとっては
まぎれもなく真実なのだろうけれど、
自分にとっての真実なのか?と言われると
異物感を感じざるを得ないからです。

あの人(存在)もこう言っている。
この人(存在)もこう言っていた。

と様々な興味深い情報を語られても、
そういう情報が自身の血肉として生かせるか?
というと、私は消化不良になりそうです。

私自身の理解能力や消化能力が低い
というのもあるのですが、

丸のみされた人の言葉は、
聞いていても何となくぶかぶかとした
違和感を感じて、確認のしようもないし、

結局その情報源の存在自身は何を感じ、
どんな思いを持っているのか?というところが
実感を伴って感じられないのですよね。

あくまで私の感覚なのですけれど、
その人(存在)の体温を感じられない
異物感のある言葉は、

どれだけ壮大なビジョンを語られても、
全然響きません。

そのビジョンの土台になる足元が
空虚であったら、どうやってビジョンを
生きられるというのでしょう。

ビジョンを活かすには、それが
自分の現実と地続きのものでなくては
ならないと私は思うのですが、

壮大なビジョンを語る人ほど、
徹底したリアリストの側面がなければ、
ただの夢想家になってしまいます。

壮大なビジョンを抱くこと自体は
素晴らしいと思うけれど、
本当にそのビジョンに自分の役割を
見出しているのなら、

自分自身がリアリストの側面をしっかりと
持っているか、側近にそういう役割を
果たしてくれる人を持つか、
どちらかだろうな、と思います。

結局人が生きられるのは、
自分の感覚で確かにとらえられる領域のみ
なわけで、

どんなに壮大なビジョンであっても、
その感覚が取れるなら、
そのビジョンを実現できるだろうし、

取れないままいくらスローガンを
唱えても、ビジョンが自身の現実に
形となって現れることはないでしょう。

自分がどこまでビジョンと現実を
つなげられているのか、
シビアに見つめる目があることで、

そもそもそんなビジョンは必要ない
と気づくこともあるかもしれないし、

実はもっとそのビジョンを拡大することも
できるかもしれません。

あるいは、もう少し違った形に
軌道修正した方がしっくりくるように
なるかもしれません。

そうやって自分の意識がきちんとビジョンに
行き渡るようになると、ぶかぶかした
異物感は消え、人生に地に足の着いた
安心感、安定感が生まれます。

自身の現実が消化不良のまま
キラキラしたお花畑の理想を得ようと
じたばたしてそれで現実問題を
解決しようとすると、必ず空回りします。

詐欺に引っかかったり耳障りの良い
話で足元をすくわれるのはそんなときです。

私自身、今までいろいろな失敗をしてきましたが、
足元救われるのは決まって自分の感覚で
しっかりとらえられる領域から外れたところを
無理やり頭で納得させて行動した時でしたね。

そんなこともあり、壮大なビジョンを抱く前に
自分の足元を丁寧に固める方が自分が安定するので、
私は「身の丈」を大事にしています。

自分の分を知るって、自分に制限をすること
のようにとらえる人もいるけれど、

自分に何が合っていて何が合わないのか、
自分と言う人間の適性やキャパシティを見極めて
最大限に生かす方法を知ること
でもあると思うんですね。

こんなご時世、あちこちで流れる情報を
いかに現実生活に活かしていけるか、
と言うところにつながる話なので、
書いてみました。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
1月7日(土) 17:00~20:00
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
・・・
●年末年始の営業は、12月31日~1月3日までお休みをいただきます
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 助けてほしい時に助けて!と言えるために

  2. 何だかやたらと疲れやすい肉体面以外の理由

  3. モリオンの緊箍児(きんこじ)

  4. 感情の架け橋が繋ぐ別の人生の記憶

  5. 刀剣のカルマの続き

カレンダー

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
TOP