日本刀のエネルギーとクンダリニー

昨日は明治神宮に参拝したら
たまたま宝物殿で「日本刀の匠展」を
やっていることを知り、

これまではどうも刀剣類は気が進まないのが
常だったのですが、ここらで自分の
そういうカルマにガチで向き合ってみよう
と思い、行ってみることにしました。



この展覧会は、新作日本刀のコンクール
入賞作品を中心に特別出品を加えた作品群を
展示しているとのことだったので、
その点、気楽に足を運べたのかもしれません。

古刀なんか見たら、変なもの読み取って
しまいそうですからね(^^;

行ってみると、マニアっぽい方たちが
色々と専門用語を駆使して説明員の方たちに
熱心に質問されていたりして、なかなかな
熱を感じました。

早速作品群を見て行きます。

そもそも、刀に関してはずぶの素人で、
刀と太刀との違いは安置の仕方が
違うのだという程度の知識しか
持ち合わせていないので、

反りや刃文がどうだとか拵え(こしらえ)が
何様式だとかさっぱりわからないのですが、
その分、変な予備知識なしに刀自体の
エネルギーに集中できて、これはこれで
なかなかに興味深かったです。

展示ケース越しに刀身を見て、
その刀や太刀を正中線下段に構えたときを
イメージしてエネルギーの通り方を
見て行くと、

それぞれの作品でエネルギーの通り方が
全然違っていて、

鍔(つば)に近い方の刀身の辺りに
大きなボリュームのエネルギーがあるもの、

刃の方向にやたらとチリチリと尖った
エネルギーが放出されているもの、

元から切っ先まですっと抜けるような
鋭いエネルギーが通っているもの、

うねるような独特のエネルギーが
刀身全体から放たれているものなど、

様々な個性が読み取れました。

また、刀身に倶利伽羅龍(ぐりからりゅう)
という彫刻を施したものは、どこか
そういう呪術的な意味合いのエネルギーが
組み込まれるな~と感じられて、
面白かったです。

日本刀は、非常に精神的なアイテム
だと思うのですが、実物を目にして
改めて感じたのは、

これを振るには、
やっぱり肚(はら)が出来てないと
使いこなせない、ということでした。

逆に言えば、日本刀を振る鍛錬は、
ものすごく肚を作る修行になるし、
これはある種のクンダリニー行法とも
言えるんじゃないかとも思いました。

(あくまでど素人の見解です。
温かく見守ってやってください。笑)

自分の肚のエネルギーが刀身を貫いて
切っ先まで通るような使い方をする、
と言うように見ると、この刀身は
背骨そのものにも見えてきました。

そういう見方で作品たちを見ていると、
自分が使うならこの刀が相性が良さそう、
みたいなのがあって、

構えたイメージをしたときに、
すっと抵抗なく切っ先までエネルギーが
抜けるように感じるものがあったり、

先に紹介した倶利伽羅龍が彫刻された刀は、
逆にその龍のエネルギーが微妙に暴れて
自分のエネルギーが乱される感じがするので
使いにくそうに感じたりしました。

彫られた龍の個性と喧嘩しないで
仲良しになれる相性の人だったら
良いのでしょうけれどね。

また、彫刻などはないけれど、
様式の名前などはわかりませんが、
刃文がすごく独特のものがあって、
ものすごく癖の強いエネルギーの刀は、
近づいただけでぞわぞわ感じたりも
しました。

こういうのは、
ハリーポッターのように、
魔法使いがワンドとの相性を見るのと
同じで、

そのアイテム自体がどんな力を持っているのか
でその効力が決まるのではなく、
それを持った時にそのアイテムが
自分の体にどんな反応を起こすのか、

そして起こった反応の力を自分が
どう扱うことが出来るのか、というのが
そのアイテムの自分にとっての有効性
ということになるかと思います。

だから、元々の相性の部分と、
それを扱う自分自身の力量の部分があって、
後者は後天的に伸ばしていくことが出来ます。

ヴァイオリニストがバイオリンの音色を
楽器と対話しながら引き出していくのと
同じですね。

自分に力量が無いとアイテム負けすることが
あるだろうし、そういう状態から
自分の器がアイテムによって育てられる
ということもあるでしょう。

拵えという外装部分も興味深く、
ある意味これは呪術的なエネルギーを持った
アイテムを封じる意味もあるわけで、

刀身に負けず劣らず、
その精緻な技巧に込められた
精神性のエッセンスは、
本当に素晴らしいと思いました。

日本刀など触ったこともないので
実際握ってみたらまた違うのかもしれませんが、
色々と面白い気づきがあって楽しかったです。

この展覧会は、明後日20日までなので
興味のある方は是非お急ぎください。

明治天皇110年祭並びに明治天皇御生誕170年祭記念【日本刀の匠展】

(画像は公益財団法人日本刀文化振興協会さんの
Twitterからお借りしました)

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
12月8日(木) 19:00~22:00
・・・
●年末年始の営業は、12月31日~1月3日までお休みをいただきます
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 意識体のバンダの考察 その3

  2. 自分の真実を生きるという在り方

  3. 導きの集約点

  4. こじらせた愛への渇望

  5. 第631弾 無料遠隔ヒーリング

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP