導きの集約点

導きって、私の場合はいつも、
直線的には来なくて、
思いもしないような方向性から
うぉぉ!そんなところから来るのか!
って感じで来ます。

今回も、そんな流れがあったので、
備忘録がてら、記録しておく
ことにします。

ここ最近、意識体のバンダの考察やら
刀剣のカルマについてなど、
個人的に、色々な気付きやら導きやらが
次々にやってきています。

何か、衝動に駆られているようなところもあり、
自分なりにそういうところも注意して
見るようにはしているのですが、

一体、この流れはどこに向かうんだろう?
と思いつつ、とにかく導かれるままに
進んでいました。

何かあったら、その時はその時で
対応すれば良いかと思って。

で、先日、いつもの日課で朝、
祭壇に向かって祝詞を奏上している時、
ふとやって来たメッセージがありました。

最初に来たのが「鎮魂」というキーワードで、
それから一気にここ最近、自分に起こった
気づきのパーツが一点に集約されていきました。

あぁそうか。
これをやれってことなんだなと。

意識体のバンダの考察のところで、
意識体でバンダトラヤを中心に向かって
かけたとき、ある面白いことが起こる
と示唆しました。

このとき放出されるエネルギーは、
私の場合、鎮魂に使うことができる、
と思ったのです。

そうしたら、一気にそれが刀剣のカルマに
つながっていきました。

斬った斬られたのカルマの無限輪廻の中に
囚われている御霊たちを、
解いてやらねばならん、と。

そんな思いがバーッと降りてきて、
覚えず、胸がいっぱいになって
祝詞の声が詰まってしまいました。

そういう領域にアクセスできるのは、
同じ刀剣のカルマを持った者にしか
できないのです。

だから、私なんだなと。

頭ではないところで色々反応していて、
それを頭ではぐらかそう、気のせいだよ、
勘違いかも?そんな大それたこと、
とか言う声も浮かんでくるのですが、

ここは、頭ではない方の声を大事にしよう
と思いました。

それにしても、それまでに散々、
様々なそういう役割の人たちによって
供養もされているだろうに、
なぜ今改めてこういうメッセージが
来るのだろう?と考えてみたのですが、

意識体のバンダトラヤのエネルギーによる、
何かの変容がかかるような「鎮魂」が
必要なのかな、と思いました。

「鎮魂」と言うキーワードは、
まだ来たばかりなのでその本質が何なのか、
私にはわからないのですが、

多分これまで何千年もの間されてきた
「鎮魂」とは違う何かが今、このタイミングで
必要なのでしょう。

それが、地球全体が次元上昇している
と言われているこの時期に、
どういう意味があるのかもわかりませんが、
何かあるんでしょうね。

この気づきがやって来たその日、
この気づきに導いてくださった存在の
所縁の場所に

お役目、拝命仕りました、
とご挨拶に参りました。

そして、さらなる導きとご加護を
お願いしてきました。

流れに逆らわず、逃げずに進んでいくと、
しかるべきタイミングで、
導きがやってきますね。

ちなみに、
バンダトラヤをかけたときのエネルギーは
「私の場合」、鎮魂に使える、
と書いたのは、

このとき放出されるエネルギーは、
その魂の資質というか、目的によって
多分様々に違うのではないかな、
と思ったからです。

エネルギー自体の運用方法と言う部分も
あるのでしょうけれど、多分、
その魂が元々持っている目的による
意味合いの方が大きいのではないかと
今の段階では思っています。

まぁ、実際にやっていく内に、
この考えも変わってくるかもしれませんが。

さぁ、まだやっと入り口。
実践にも入っていない段階で
色々と導きが先行していますが、
体の方が全然追いついてませんね。(^^;

しっかり精進しないと。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 人生の明暗を分けるもの

  2. 筋を通す

  3. 快楽に没入しに行く意識

  4. 漫画「どんな自分もまるっと愛する」のご紹介

  5. 自分自身の主体性を取り戻す

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP