永遠の命

いかに生き、どう在るか。死のそのギリギリの瞬間まで、向き合い、問うべきはそこなんです。その死闘の中で、つかみ取ったものが肉体が滅びてもなお、

コチコチの体

自分の中でうまく処理できていない気持ちがあると、体の中にそのエネルギーが固くしこりのようになって、溜まっていきます。それらはしばしば、物理的

TOP