自分に向き合う心の力を育てる

家庭の中で、仕事で、人生の様々なところで
何かがうまくいっていない時、

それは多かれ少なかれ、生き方の方向転換を迫る
メッセージです。

根本的に、逃げ続けてきたものにきちんと
向き合わない限り、目先の何かでごまかしても、
あちこちで噴き出す火種は消えることは
無いと思います。

サロンにみえる様々な方のご相談を
お伺いしていると、長年、差し出されていた
メッセージから目を背け続けてきたのだな、
と思えるケースに出合うこともあります。

ご本人も、そろそろ向き合わなければいけない
と自覚されている方もあれば、

そこは取り組むつもりもないし、もういいから
別のことについて、なんとかならないか、
とおっしゃる方もあります。

後者のような言葉を伺うたびに、
その方が辿ってきた苦悩の歩みに
思いを致します。

その方なりに、色々努力してもダメだったり
もがき続けてきた結果の言葉なのだろうとは
思うのですが、

それでもその方が本当は何から逃げてきたのか、
一番聞きたくないかもしれないところを
お伝えしなければいけないとき、

身の引き締まるような思いで
その方に向き合うこともしばしばです。

そういうことをお伝えするときは、
必然的に、その方がもしその言葉を受け取って
方向転換しようと思ったときに起こってくるだろう
諸々のプロセスも、私の中では見えています。

たとえば、絶望的に冷え切った夫婦・家族関係から
目を背け続けている方がいたとします。

そもそもなぜそんな状況になったのか、
長年にわたる諸々の要因があったでしょうが、

不信や怒り、悲しみ、憎しみなど、
積もり積もった感情に対処しながら、
自分自身の在り方に深く向き合っていきます。

感情解放ワークでは、鏡の法則から
相手に不信を感じるということは、
自分自身に対して不信を感じている
ということを読み取るので、

例え入り口が夫婦・家庭関係であったとしても、
掘り下げていくと幼少期の体験にまで
遡っていくこともあります。

その方自身が、かつて受け止め、対処しきれなかった
気持ち、状況の数々を受け止め、生き直していく、
そういうプロセスが、必然的にあるわけです。

もちろん、そういうプロセスには段階があって、
一度にすべてがすっきり片付くわけでは
ありません。

蓋をして見ないことにしてきた期間が長いほど、
そのバランスの上に構築された物理的、精神的
構造のボリュームも大きくなるわけで、

その解体、再構築にはある程度の時間が
かかります。

けれど、それがどのくらいかかるのかは、
その人の本気度で大きく違います。

二十年にわたる冷え切った関係も、
半年、一年くらいで本人も驚くくらいに
変化していく人もあるし、

迷い、揺らぎながら向き合いきれずに
ドロップアウトしていく方もあります。

思うに、自分に向き合う作業をするには、
基礎的な心の力というものが必要です。

その心の力が弱い人もあるし、
強い人もいる。

弱い人でも、少しずつ努力することで
強くなっていく人もあるし、

努力しようにも踏ん張りがきかなくて
グズグズにくすれてしまう人もいます。

そういうときに、何かしらの霊性修養の行いが
助けになることがあるんだろうな、と感じます。

先日書いたように、ボランティアをするなども、
心の垢を落とし、踏ん張るべきところで踏ん張る
心の力をつけるでしょうし、お滝行をする
とかいうのがすごく合う人もいます。

クライアントさんの中には、以前ワークショップや
セッションなどにお見えになって、それから
しばらくご無沙汰していた方がいます。

その方がお滝行にはまっているというのは
風の便りに聞いていたのですが、今年、
久しぶりにサロンにお見えになったとき、

ものすごく浄化されてすっきりされていて
その変わりようにびっくりしたことがありました。

そうして、以前は触れられなかった心の部分にも
少しずつ迫れるようになっているようです。

根の深い問題に取り組んでいこうとするときほど、
心の力がものを言います。

持続力、集中力、粘り強さ、忍耐力、観察力、
様々な力が、総合的に必要なんですね。

最初からすべてが備わっている必要は
ありませんが、自分自身を忍耐強く育てていく
意識は必要です。

プロセスを踏む、ということを言うと、
果てしない暗闇の続くトンネルを行くような
閉塞感、絶望感を感じる人があります。

でもそのような感じがしたとしても、
実際、果てしない暗闇を行くわけでは
ありません。

ただ、その閉塞感、絶望感に飲み込まれずに
受け止め、統合できれば、その苦しさは
晴れていきます。

プロセスを踏むというのは、
日々少しずつ晴れやかになっていく自分を
感じながら、希望を取り戻していく道です。

決して、長く苦しい道をひたすら耐えていく
ということではないのです。

自分自身の尊厳と生きる喜びを取り戻していく
プロセスを、楽しんで行きましょう。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 人生の明暗を分けるもの

  2. 筋を通す

  3. 快楽に没入しに行く意識

  4. 漫画「どんな自分もまるっと愛する」のご紹介

  5. 自分自身の主体性を取り戻す

カレンダー

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
TOP