守るべきものを守るという意識

先日の、集合意識からの影響を浄化する
無料遠隔ヒーリング、みなさんのご興味を
結構引くテーマだったのか、いつもより
多めの方々がお申し込みくださいました。

皆さん自身のエネルギーフィールドと、
皆さんが属するコミュニティのフィールド
の双方の浄化をさせていただいたのですが、
いや~、結構重かったですね。

それだけ、重たい思念の垂れこめる時代に
私たちは生きていて、否応なく影響を
受けているということなんでしょう。

こういうのは自分だけの要因ではなく、

知らずに引きずられているので、
理由なんてないところがまた
気づきにくくさせているんでしょうね。

冷静になったら、そんなに
不安になったり不幸せを感じることも
ないはずなのに、理由なく不幸を
感じてしまうのは、もったいないです。

浄化ができる方は、こういう時期ですから、
ぜひ入念にご自身の周辺フィールドを
浄化なさってください。

今度の満月のオンライン瞑想会でも、
また皆さんと一緒に集合意識の浄化を
やっていこうと思いますので、

今年最後の瞑想会でもありますし、
ぜひご都合合う方はお会いできたら
嬉しいです。

詳細はこちら
満月のオンライン瞑想会

スピ業界に限らず、様々な方たちが、
今の世界について、日本について、
それぞれのレイヤーで感じられたこと、
読み取られた情報を伝えられていますが、

私自身の見ているレイヤーでは、
このまま眠りこけた意識でいけるほど、
楽観できる感じでもないかな、
と思っています。

様々な方たちがおっしゃっているように、
日本人の意識は相当に深いまどろみに
沈んでいるようで、夢の続きを貪りつつ
生きている人が多いです。

(かといって、私がそういう意味で
目覚めているか、と言うと、
まだまだ危機意識は足りないと思います)

日本は大丈夫だ、と信じていますが、
それでも、今の眠りこけた意識のままでは
良いとは思えません。

一人一人が、今いる場所で、
守るべきものを守るには何ができるのか、
目先だけではなく、子や孫の世代に
どんな世界を残していくのか、
と言う眼差しを持って、自分にできる
行動をしていくことが大事かな、
と思います。

奪われた後では、取り戻すことが
できないものもありますし、また
取り戻すこと自体、ものすごく
大変なことだということを
知っておくべきです。

先人たちが、なぜあれほど
我が身を顧みず命を懸けて戦ったのか。

逃げて済むものなら、
さっさと逃げていたでしょう。

何も知らない後世の者たちは、
先人たちの血の結晶の上でその恩恵を
存分に享受しながら、その流された血を
辱めるような考えを持っていたりしますが、
よく考えるべきだと私は思います。

ドンパチをするばかりが闘いでは
ありません。

農家の方たちは、この国の食糧生産を
守る戦いがあるでしょうし、
(非常に厳しい状況だとは色々
お聞きします)

私たち消費者も、どういう生産者から
購入することで、支えるか、という
闘いがあるし、

それぞれのお仕事の中で、
どういう意識でそれをするのかで、
ただのルーティンワークでも、
何か違うものが生まれてくるでしょう。

眠りこけたまま、
大切なものを蹂躙されてしまわないよう、
声を挙げ、行動していくことが
大切です。

そして、大切なものがより美しく輝き、
発展、繫栄していくための働きかけを
していきましょう。

私は、ヒーリングを通して、
皆さんの中の統合されていない要素を
統合、調和に導いたり、

迷子になっている御霊を帰るべきところに
導いたり、土地を浄化したり、
という仕事の中で、自分なりの戦いを
していこうと思います。

そんな中、
自分なりの新たなテーマも見つかって、
これから開発していくつもりなので、
それは自分なりの道を歩む楽しみ
でもありますね。

戦いは、重く暗いばかりではありません。

それぞれの歩みを自分なりに磨くことを
楽しむこともまた、明るい未来に
繋がっていくものと思います。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
12月8日(木) 19:00~22:00
・・・
●年末年始の営業は、12月31日~1月3日までお休みをいただきます
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 意識体のバンダの考察 その3

  2. 自分の真実を生きるという在り方

  3. 導きの集約点

  4. こじらせた愛への渇望

  5. 第631弾 無料遠隔ヒーリング

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP