不安や緊張が強い人の心の中にある混乱

お正月にネットサーフィンをしていたら、
不安からの緊張がとても強く、
鬱になってしまった中学生の女の子の
記事が目に留まりました。

私自身、昔はとても不安感の強い子供で、
幼稚園の頃は、毎朝不安でお腹が痛くなり、
卒園まで毎日泣きながら登園したものでした。

多分、泣かずに行った日は一日も
なかったんじゃないかなぁ。。。

小学校でも、不安になると
緊張からお腹が痛くなる症状は
日常的にあっったように思います。

でも、当時のことだから、
一人でじっと我慢するだけで
特に何も対策はしなかったですね。

そもそも、何か対処できるもの
だという認識自体が無かったので、
そういうもので仕方がない
と思っていたんでしょうね。

私の場合は、成長するに従って
神経が図太くなってきたのか、
日常で不安と緊張に苛まれる症状は
落ち着いてきましたが、

大人になっても人より極端に敏感で、
日常に支障をきたすほど
不安感の強い方もあるでしょう。

サロンにもたまにそういう方が見えるのですが、
掘り下げていくと、長年に渡って抑圧してきた
様々な感情で、とても心が混乱していることが
多いような気がします。

消化できない感情があまりにも
溜まりすぎると、ちょっとしたことで
心が不安定になって、緊張してしまう
ということがあるんじゃないかな
と思います。

医療的なことは言えないけれど、
そうした未完了の感情のエネルギーを
消化、統合していくことで、
少しずつ落ち着いてくる部分も
あると思います。

ただ、不安や混乱の原因は
単純ではないこともよくあるので、
根本的には、この世界にこの自分で
生きて行く心の基盤みたいなものを
えていくことが大切です。

つまり、ちゃんと自分自身の力を
使える状態になっていること、ですね。

不安に飲み込まれている人は大概、
漠然とした不安に押しつぶされるように
身を固くして思考停止状態になっている
ことが多いように思うのですが、

その状態から少しずつ
のしかかるような不安のエネルギーを
統合してあげると、落ち着いて、
少し冷静に、自分が何を恐れているのか
というのが見られるようになってきます。

その不安、恐れは一体どこから来ているのか、
一見、目の前の出来事に対して恐怖を
感じているように思えても、

実は全く違ったトリガーが引かれて
心の奥にしまい込まれた過去の出来事
に起因した感情が暴発しているということが
あるんですね。

それは、
幼い頃、一人ぼっちでお留守番をした
夜の記憶かも知れないし、
別の人生で体験した何か恐ろしい出来事
の感覚が呼び起こされているのかも
しれません。

混乱して未消化になってしまっている
感情のエネルギーは、私たちの心の中で
バグを起こしているような状態に
なっているので、

それを何らかの方法で解消してあげないと、
現実的な機能不全状態は解消しません。

逆に言えば、そこさえ対処できれば、
機能不全状態はちゃんと、
解消されていくわけです。

私たちの心の中には、
こうしたバグのような状態になっている
部分が誰しも、多かれ少なかれ
あるものです。

ただ、不安や緊張の強い人は、
他の多くの人よりも、ちょっと
その混乱がたくさんあるのだろうと思います。

人間、生きていれば色々あるもの。

長く使ってきたコンピューターのように、
たまには要らなくなったデータやプログラムを
整理して、デフラグ作業でリフレッシュ
してあげると、ぐっとパフォーマンスが
良くなるのは人間の心も同じです。

感情解放のセッションでも
そうしたことを色々な手法を使って
オーダーメイドでやっていますので、
ご興味ある方は是非お問い合わせくださいね。

オリジナル感情解放セッション

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 無意識の感情の揺らぎと自動的な反応

  2. 唯一無二のこの自分

  3. 奥義と口伝

  4. 見たくないものは見えない

  5. 第639弾 無料遠隔ヒーリング

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
TOP