ハートの導きとともに人生を歩む

私たちの人生は選択の連続ですが、
色々な方を見てきて思うのは、
自身の在り方を決めるときに、
ハートの声を聞く習慣のある方と
無い方がいらっしゃるのですね。

このブログでも常々、
ハートの声に耳を傾けること
について書いてきていますが、
これが案外、当たり前ではないのだな、
ということを思いました。

では、ハートの声を聞く習慣のない人は、
どうやって自身の在り様を決めているのか
と見てみると、

頭であらゆる情報を分析し、
メリットデメリットを解析したうえで
頭で思い描いた理想像に近づくには
どうすべきなのか、というところから
答えを出しているようです。

たとえば、常識とか良識、世間体や
その他様々な条件などから
どんな学校に行き、職業に就いて、
誰とお付き合いをし、何を身に着け、
どう振舞うかを決めているんですね。

それが必ずしも悪いわけではないのですが、
しばしばその時に見落とされがちなのが、

それらについて、
自分はどんな気持ちになっていて、
どう感じているのか、
ということです。

ロジックで判断しようとすると、
どうしても感情や感覚面の要素が
見落とされがちで、しばしば
考慮する要素としては非常に軽んじられる
傾向があるようにも思います。

けれど、実はその要素こそが
非常に重要な鍵を握っているんですね。

ハートの声を聞くというのは、
まさにそうした要素に
耳を傾けることを意味します。

ハートの声を全く聞かず、
ロジック先行で決めたことは、
両者が一致している場合は良いのですが、
もし違っていた場合、後で必ず
軌道修正を求められる局面を迎えます。

頭で押し切ることは、できないんですね。

頭のロジックの方が理路整然として
非常に合理的で正しく見えるのですが、

どんなに理を尽くしても、
頭の思考で捉えられることは
ハートの領域にははるかに及びません。

ハートは、思考の領域よりも
さらに深く広大な領域のものであり、

そこからやって来る導きは、
理屈では説明がつかなくても、
超高性能のスーパーコンピューター並みの
正確さで、私たちをより良い未来へと
導きます。

ハートの声に耳を傾けるには、
マインドが静かでなければなりません。

常に騒がしく、休むことなく
走り続けている思考をすっと静めて、
じ~っとハートに意識を向け、
感じてみるのです。

日頃からそういう習慣のない方は、
よくわからない、と思うかもしれませんが、

決めようと思っていることについて
問いかけてみると、

何となく嫌な感じ、軽い感じ、
明るく楽しい感じ、などといった
感触で感じられたりするし、

時には、はっきりと何かの言葉や
ビジョンなどでその声を捉えることも
あります。

ハートの声を聞いているときの感触も、
マインドで思考しているときよりも、
もっと深いところに心を澄ませている
感覚があります。

私はよく、セッションの時に
クライアントさんがマインドで考えた
ところから答えているのか、
ハートで感じたところから答えているのか
をチェックするのですが、

その時のその方の意識の感触で、
今、頭で考えているな~とか、
ちゃんとハートを感じているな、
といった具合に読み取っています。

ハートの声を聞ける状態に
あるのかないのか、
第4チャクラの状態からも
見て取ることはできるのですが、

様々な要因から、
ブロックされていることも
しばしばあります。

それでも、ハートの声を聞こうとし、
その導きに繋がろうと思い続ければ、
そのブロックもやがては解消するよう、
導かれていくでしょう。

セッションでも、
よくそうしたブロック要因に
取り組んだりしますが、

解消される前と後とだと、
その人の意識の深まり方が
全く違ってきます。

ハートは、私たちの人生を
より奥深く、精妙なレベルに導く
羅針盤です。

大事な決断をするときに、
欲の声や偽りの導きを退け、
本当に自分を生きる選択ができるよう、
日頃からどんな時も、ハートとともに
歩むことをぜひ、意識なさってみてください。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
4月24日(水)19:00~22:00
5月23日(木)19:00~22:00
6月22日(土)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. ダイレクトに本質につながる信仰

  2. 第701弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  3. 狂気にまどろむ安らぎ

  4. 自身の奥深い可能性を探求することの意義

  5. 凝り固まった心の崩壊と再生

カレンダー

2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
TOP