責任転嫁と被害者意識

被害者意識に浸っているのは
良くないと頭ではわかっていても、
自分のこの辛さは誰かのせい、
何かのせいなのだと、つい
恨みがましく思ってしまうことって
ありますよね。

どう考えても、社会的、道義的、法的に
相手が悪い、ということもあるでしょうが、
感情解放ワークの世界観では、
自分の内側で浮上している感情の責任は、
自分自身にあると捉えるので、

その怒りや苦しみを引き受けなければ
いけないのは、原因と見えるものを作った
相手にあるのではなく、他でもない、
自分自身ということになります。

つまり、あなたのせいで私はこんなに
辛い思いをしている、というのは、
責任転嫁になるんですね。

もちろん、自分の内面的な感情に
責任があるわけで、相手に社会的、道義的、
法的な責任が無いと言っているわけでは
ありません。

ここは切り分けて考えます。

それでも、この収まらない自分の気持ちを
自分が引き受けなければならない、
というのはどうにも納得がいかない
と思う方も多いです。

それはそう考えても仕方のないところ
ではありますが、けれども、それだと
いつまで経っても、相手が謝ったり
あなたの気が済むような態度を取ってくれなければ、
あなたに心の平安は訪れないのです。

ということは、あなたの幸せは、相手次第であり、
あなたの人生を左右する主導権を、図らずも
相手に渡してしまっていることになります。

あなたが被害者であり続ける限り、
相手は加害者として、あなたの幸せを
奪い続けるわけです。

この不毛な構図を脱するには、
やはり自分が自身の感情の責任を
引き受けるしかありません。

この苦しみ、怒り、悲しみ、喪失感、
絶望感、理不尽さなど、本当に辛い感情を
自分が引き受けるのだと思うだけで、
無力感に打ちひしがれたり、
絶望感に飲み込まれそうな恐れを
感じるかもしれません。

本当のところ、
あなたがずっと逃げてきたのは
この感情なのです。

それを自分では到底引き受けられない、
引き受けたくないから、
被害者になっているんですね。

実は、この感情こそが、
その理不尽な出来事を引き寄せてきている
エネルギーなのです。

ここが本当に腑に落ちると、
あなたの見ている世界は大きく変容
していきます。

このエネルギーをしっかり受け止め、
統合していくプロセスの中で、
とても大きな気づきもやってきます。

そうして、本当にこの出来事は、
誰かが悪いわけでも、自分が悪いわけでもなく、
誰のせいでもなかったし、

必然であったのだという理屈を越えた理解が
あらゆるネガティブな感情を瞬時に
変容させていくのです。

これは、頭で納得をさせたり
蓋をしているとか、被害者の目線で
出来事を見ている時には
絶対に起こりません。

だから、最初に被害者をやめて、
自分の内側にある感情を自分で引き受ける
ということを、すごく苦しいだろうけれど、
する必要があるのです。

だってこれはあの人のせいでしょ?
という立場からどうしても離れられない人は、
なかなかにこの気づき、変容に至るのは
難しいですね。

けれど、
いったんこのことがわかってしまうと、
あらゆる出来事の中に、この構図があり、
あちこちで自分は責任転嫁をし、
自ら自分を無力にしていたということに
気づき始めます。

そうしたら、その人はどんどん
自分の力を取り戻していくでしょう。

もう、自分の幸せは
完全に自分自身に在るのであり、
「誰かのせいで」不幸になることは
ないのだとわかります。

感情解放ワークの中でも、
これはすごく抵抗が大きく、
多くの人がつまづくところではあるのですが、
それだけに、すごく重要なポイント
だと言えます。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
3月25日(月)19:00~22:00
4月24日(水)19:00~22:00
5月23日(木)19:00~22:00
・・・
●年末年始は12月30日~1月3日までお休みをいただきます
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 第696弾 無料遠隔ヒーリング

  2. 力に溺れるなかれ

  3. 第694弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  4. 人間の暗い感情のエネルギーと呪い

  5. 自分が生きる世界の真実

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
TOP