ギフトと天命

どんなに素晴らしいギフトを持っていても、多くの場合、それはそのままでは使えないのです。自分自身に、それを使いこなす技量がまだない、というこも

嘆きの中に隠された天命

意識してもしていなくても、常に心が向かうのはそいういう方面のことで、これはもう私という存在の中に組み込まれてしまっている要素です。だから、ヒ

天命を受け入れる

そんなにうまくいくだろうか?そんなエネルギーがあるというのは本当か?という恐れから来る疑問に対して、私は自身の奥深いところで今にも噴き上がろ

天命を知るために

それは、誰かに教えられることもあるでしょうが、本当にそれが自身の天命となるのは、自分でそれを確かに感じたときです。自分の命に確かにそれが刻ま

TOP