悪魔の美酒に酔い痴れる誘惑

のっけからすんごいタイトルだな
と思われるかもしれませんが、
今日はがっつり、スピ的要素満載で
お届けいたします。笑

セッションでリーディングをしていると、
しばしば、ダークサイドとの絡みのある
バイブレーションを持っていらっしゃる方に
出会うことがあります。

そんなに珍しいことではないのですが、
要は、魔物や悪魔など闇側の存在との
契約を持っている方ということです。

必ずしも禍々しい儀式などをして
自分の魂を差し出しているという
わけでなくても、
(もちろんそういうケースもありますが)

彼らとの契約が入ることは
珍しくはありません。

激しい怒りや憎しみに駆られたときや、
目の前の苦痛から逃れたいと切望したときなど、
よからぬ輩が耳元で魔の言葉を囁き、
闇の世界へと誘惑するのです。

あなたのその苦しみを取ってあげよう。
その願いを叶えてあげようと言って、
代わりにその人にとって大切な何かを
奪っていくのです。

けれども、その結果を振り返ってみれば、
その契約はほぼ果たされることはなく、
要は、騙されていることがほとんどです。

セッションでは、契約元の存在を呼び出して
様々な交渉をして、契約解除と奪われたものを
取り返すことをしたりするのですが、

結構がっつりダークサイド側の世界に
ハマってしまっている方もあります。

今生でそういうことをしている方には
私は出会っていないのですが、
魂の記憶を掘り下げていく中で、
そういうのが出てくる方があるんですね。

そうした契約が今生にもかなり
悪影響を与えていることがあって、

自分の本質になかなか触れられなかったり、
体調が悪かったり病気がちだったりと、
心身と霊性の部分で相当に傷つけられている
ケースがあります。

特に精神と霊性の部分で深い影響を
受けていると、善なる意志に踏み留まることが
非常に難しいのです。

そういうのがない人だったら、
そもそも見向きもしないような
よからぬ誘惑に抗うことができないんですね。

容易く、易きに流れるというか、
目の前の苦痛から逃れるためなら、
明らかに自分を蝕むとわかっている薬でも
迷わず飲むだろうという感じです。

悪魔の差し出すそうした麻薬は、
非常に甘美な陶酔感をもたらします。

その恍惚とした麗しき酔いを一度でも
経験してしまったら、なかなかに
逃れ難いのです。

こういう場合は、
理屈でいくら説得しようとしても
どうにかなるようなものではなくて、
物理的に何かの引力を断ち切らないと
ダメなのです。

私はそういう陶酔感など全く興味がないので
どうして彼らがそこまで離れがたいのか、
さっぱり理解できなかったのですが、

セッションのときに、その引力の元を
じ~っと読み込んでいったときに、
ふと気づいたことがありました。

闇の存在とがっつり契約を交わすときって、
血を使うことがあるようなのですが、
(契約の盃に自分の血を垂らしている
ビジョンが見えたので)
それでハッと気づいたのでした。

つまり、奴らは血で縛っているんですね。

血には、すごく呪術的な力が宿っている
と思うのですが、それは様々な要素の物質を
含んでいるただの混合液ではなくて、
それ以上の強烈な引力を持った何かです。

だから、よく宗教的、呪術的な儀式で
生贄を備える儀式がありますが、
良くも悪しくも、血が流れるところには
必ず何かしらの存在が吸い寄せられ、
独特のフィールドを形成しますね。

話を戻します。

甘美な悪魔の美酒に酔いしれる誘惑に
どうしても抗いがたいのは、
血による引力が関係していると
思ったので、逆にそれを利用してやろう
と思いました。

断ち切り難いのなら、その繋がりを使って
奴らがこちらを闇に引きずり下ろす
のではなく、こちらが奴らを光に
引きずり出してやることにしました。

そのときは、どこまでできるかは
わからなかったけれど、
いずれにせよ、奴らは光に触れるのは
どうしたって嫌だよねって思ったので、
悪魔に嫌がらせをすることにしたのです。笑

まぁ、良くすれば奴らも一緒に
浄化できてしまうので一石二鳥。

この目論見は結構うまく行きました。

結果、悪魔との血の刻印は、
消すことができたようです。

解消できた後に感覚を確認すると、
もうあの甘美な、魂を蝕む陶酔感に
引っ張られることはなくなっていました。

やっぱり、読みは正解でしたね。

これまで何人か、どうしても
魔の陶酔感の誘惑をクリアにして
差し上げることができなかったケースが
あるのですが、

これは一歩前進と言えるかな、
と自分を褒めてあげたいと思いました。

もちろん、セッションを導いてくださった
すべての存在に感謝です。

まぁ、今回は様々な条件が重なって
うまく行きましたけれど、
人ぞれぞれ背景は違うので、
これからも探求していこうと思います。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
7月21日(日)17:00~20:00
8月20日(火)19:00~22:00
9月18日(水)19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. そうまでしないと気づけないこと

  2. 第715弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  3. 残心(ざんしん)

  4. やりたくもないことを止めるために

  5. 自分を大切にするための強さ

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP