むき身の自分という意識

色々な肩書や能力、持ち物をそぎ落とした
むき身の自分をじっと感じて、
その自分をどこまで信頼できるだろうか
ということをつらつら考えていました。

こんな仕事をしていて、
様々な人の、様々な過去世や
あらゆる人生模様をたくさん
見させていただいて、

またセルフワークの中でも
この人生以外の別の人生の記憶も
探求してきて、

私も、あの人も、この人も、

色々な人生を様々な思いを抱きながら
生きてきたのだよな~と、
無数の人生模様に思いを致します。

今はやる気が枯渇した状態で、
淡々と日々を送っていますが、

かつては、
命を懸けて時代を駆け抜けていったような
人生もあったし、何事かを探求し続けて、
ある種の成果を見た人生もありました。

あるいは、失意に打ち砕かれて、
孤独に死んでいった人生もあったし、
怒りと恨みで怨霊のようになった
人生のときもありました。

聖人のように生きた人生ばかりではなく、
まさにダークな世界にどっぷりと
浸ってその世界の住人となっていた
ときもあり、

そのどれもこれもが自分なわけです。

だから今、この状態の自分も、
ひとつの物語の一場面に過ぎない
という意識は常にどこかに在って、

この自分が全てという感覚は
ないのですよね。

無数の可能性の種が
自分の中に在るのを知っている。

けれども、これから
どんな種が芽吹いていくのか、
それをじっと見ている感じです。

結局、すごい能力があったり
人望や美貌、財産や権力があったり、

人から蔑まれたり、無能だったり
醜かったり、無一文だったり、
という様々な属性は、
自分という意識に着せられた
要素に過ぎないのですよね。

この人生劇にどっぷり浸っていると、
そういう要素を外したむき身の自分
という意識を感じることは
ほぼないので、

その要素にものすごく固執して、
少しでもその要素を良くしようと
いうところに膨大なエネルギーを
注いで生きています。

ややもすると、そのこと自体が
人生の目的のようになっていますよね。

衰えて行くもの、
朽ちて行くものを磨いてどうする。

久しぶりに、
むき身の自分の意識に対峙して、
どこかホッとしている自分がいます。

魂の成長とか進化とか、
人生を越えて、積んでいくものすら
どうでも良くなっていて、

かつて、熱い情熱を持って生きていた
時代の自分からすると、大違いです。

でも、虚しいとかそういう感じはなくて、
ただ、たくさんの人生を生きてきたな、と
淡々とした気持ちで来た道を見ています。

泣き、笑い、怒り、悲しみ、恨み、
憧れ、恋し、慈しみ、愛した人生の数々。

こういう人生の体験の他に、
このむき身で属性のない自分という意識は
別の体験の仕方もできるのだろうか?と、
ふと思ったりもしました。

まぁそれはさておき、
何者でもない自分、というこの意識は
何とも心地良いですね。

執着するものがない自由というか、
身軽さ、明るさ。

執着がいかに自分を重く縛り、
世界を難しく見せてしまうものなのかが
よくわかります。

執着する対象は、ときに自分を強くし、
未知の可能性を引き出したりする
きっかけにもなりますが、

それは諸刃の剣で、
自分を支えているものこそが
自分を縛り、限定させてしまう
要因になりがちです。

どちらが良いとか悪いとかではないけれど、
執着こそが人生ゲームのカギであるような
気もします。

執着の奥には恐れの種があるのですが、
その恐れ故に、人生は様々に歪んでいくのが
常です。

執着、恐れがないところから
人生が展開していくと、
初めてそこに、全体性の調和が
生まれます。

今様々なこだわりが
抜け落ちて行っている感はあるのですが、
ふとした拍子に旧来の執着や恐れが
顔を出すときもあり、

まずはむき身の自分という意識と
ひたすら対峙するしかないのでしょうね。

取り留めないけど、
今日はこんな感じです。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
10月10日(月祝)17:00~20:00
11月8日(火) 19:00~22:00
12月8日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 第623弾 無料遠隔ヒーリング

  2. 愛にまつわる概念の歪み

  3. 第621弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  4. 人生の差し出すものを受け取るセルフワーク

  5. 人生で重ねられてきたものが脱ぎ去られていくターム

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
TOP