正しく伝わらないもどかしさと解釈の歪み

日々、身の回りでは色々あって、
気づけよ~、気づけよ~、
これでも気づかんのか!

と鈍すぎる私にあの手この手で
サインが送られてきます。

まず去年から、大分ガタの来た実家を
あちこちリフォームしたり修理をしたり
ということをしているのですが、

父の代からの馴染みの工務店さんの
社長さん、大分お年を召されて耳も遠く、
フットワークが重たい重たい。。。

伝えても聞こえてないし、忘れてるし、
全く違う話になってるし、
勝手に進めようとするし、
否が応でも血圧上がります。(^^;

毎日やきもきしながら、これが私か、
とカケラ君やガイドさんたちの
ご苦労を思うのでありました。

それから、また母との会話で、
知人との予定の打合せをしていて、
私の話に母が変な質問をしてくるので、
どうしてそんなことを聞くの?と聞いたら、

母が私に、あんたがそんなようなことを
言うから、と返してきました。

でも、私はそんなことは言ってない
と言うと、母は、
あんたがそんなニュアンスで話をしている
からだ、と言います。

いやいやいやいや、ちょっと待て!
そんなニュアンスでも話はしてないし、
どうしてそんな風に解釈できるのか
私にしてみれば???なのでした。

そんなことがあった数日前にも、
実は似たようなことがあって、
あることについて、ある人に
伝えた意図とはまったく違った伝わり方を
してしまい、色々あったばかりでした。

私って、
そんなに伝え方がおかしいのかな。。。
と、何だかすごく心配になってきたのですが、
一体これは何を表しているのだろう?
とここらで内観してみることにしました。

これらの出来事に共通しているのは
「正しく伝わらないもどかしさ」であり、
「とんでもない解釈の歪み」です。

まずは後者からなのですが、
この解釈の歪みというのが、
ちょっと違うという程度ではなく、

どうしてそういう話になっちゃうの!?
と、まさに別世界の話かと思えるくらいの
飛躍の仕方なのです。

マンデラエフェクトで、本当に
別の世界線に飛んでしまったのなら
仕方がない、と諦めもつくのですが、
問題はそこではないので置くとして。

伝えている側としても、
母のエネルギーを見ていると、
どうも歪んだ思念エネルギーの
フィールドに邪魔されて、

言葉が素直に入っていかないというか、
変なところで反転したり、淀んだり、
全く別の記憶に紐づいてもうそこから
その記憶に引っ張られて私の話を
聞いていないとか、

言葉の端に引っかかって、その言葉の
意味するところを受け取るのではなく、
母の中で勝手にその言葉を独り歩き
させていく感じがあって、

呼び戻しても、本人自分がそれで
もうわかった!と思ってしまっているので、
いくらそれは違うと伝えても、
「わかっている自分」から降りてこない。

そんな感じがします。

この、わかってないのにわかっている
と思い込んで、間違いの指摘を
受け付けない態度、実はその前の日にも
それで母とひと悶着あって、
どうしてこの人はこんなに頑固なんだ!
と血圧を上げたところでした。

いや、わかってはいるんです。
鏡だと。頭では。。。

あ、これのことか!
わかってないのにわかってるって言って
軌道修正、全然できてないですね!爆

明らかに間違っているのに
頑なに軌道修正しないで突っ走る。

常にうがった見方で、
斜に構えている。

あなたより、私の方がわかっているわ!
とマウント取っている。

やっちゃってますね~。。。

相手の話を聞くときに、
もっとニュートラルに聞く姿勢を
とれないだろうか。

そう考えてみると、
聞く姿勢を取った時に自分の内に
湧き上がる諸々の感情が、
ニュートラルにさせていないのだと
わかりました。

イライラしながら相手の話を聞くと
正しく聞けないのはそのためです。

良くも悪くも、
相手に対して湧き上がる感情を
しっかり受け止めながら聞くように
してみよう、と思いました。

相手のフィールドを歪ませているのは
自分の在り方なんですね。

そのことに、やっと気づき始めたところです。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
4月24日(水)19:00~22:00
5月23日(木)19:00~22:00
6月22日(土)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. ダイレクトに本質につながる信仰

  2. 第701弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  3. 狂気にまどろむ安らぎ

  4. 自身の奥深い可能性を探求することの意義

  5. 凝り固まった心の崩壊と再生

カレンダー

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
TOP