人の振り見て我が振り直せ

先日、とある神社の秋の大祭に
参加してきました。

境内のあちこちで伝統芸能の奉納が
行われており、丸一日見て回って、
とても楽しかったです。

ただ、そのお祭りで
ちょっと気になることに2回も
遭遇したので、それについて
書いてみます。

1回目は、朝一番の式典に
参加している時でした。

内拝殿の席に座って、
勅使の参向など初めて見られて
貴重なものが見られて良かったな~
と順調に進む式次第を追っていました。

何とも厳かな雰囲気の中、
続いて神楽が奉奏され始めたとき、
しばらくして、神楽の音に交じって、
君が代を歌う一団の声が聞こえてきました。

はて?この神楽の演目は、
君が代をバックにして奉奏されるもの
なんだろうか?それにしても
合わないなぁ…と思っていたら、

どうやらそれは、神楽とは全く関係なく、
拝殿の外にいたどこかのグループが
勝手に歌い出していたものだった
ようなのです。

おいおい、このタイミングで、
少しは空気を読んだらどうなんだ、
もう数分置いてから歌えば、
この場を乱さず、それなりに
盛り上げることにもなったろうに。

と、多分そこに居た参加者の多くが
そう思ったと思うのですが、
彼らは自分たちのやることを
済ませて気が済んだのか、
歌い終わったら去って行きました。

その後は、平穏に式典は進み、
無事に終わったのですが、
無粋な連中の身勝手さに
呆れかえった感じでした。

そんなこんなで、その後も
様々な伝統芸能をあちこちで堪能し、
最後に外拝殿で行われた
薩摩琵琶の奉奏を聞いたのですが、

これまたいいところで
参拝者の一人の男性が
またしても君が代を歌い始めました。

またか~!とかなりうんざり
したのですが、この方も
歌い終わったら深々と一礼をして
さっさと立ち去っていきました。

目と鼻の先、ホンの1mくらいの
距離で見せられたので、その様子も
はっきりと見えたのですが、

この男性は、まるで迷いもなく、
自分のやることに集中していました。

1日に2回もこんなものを見せられて、
これはもう、いい加減気付けよ、
という何かのメッセージだろうか、と
思わずにはいられませんでした。

1回目の一団は背後にいたので
私からは見えなかったのですが、

それでも、多分とても真面目に、
拝礼をされていたのだと思います。

2回目の男性は間近で見ましたが、
真摯に、真面目に拝礼をされ、
深々とお辞儀をしておられました。

でも、絶望的なまでに
タイミングが最悪で、
自分のやりたいことにしか
意識が無いのかな、
と言う印象でした。

拝礼される対象の神様は、
このようにされて嬉しいだろうか?
苦笑いしているんじゃないだろうか?
なんて思いました。

真面目で一生懸命なのは良いけれど、
その在り様では、いくら頑張っても、
空回りするのではないでしょうかね。

など、つらつら思ったのですが、
いや待て!ひょっとしてこれが
今の私ってことなのか?と、
ちょっと背中に冷たいものが
走りました。

やっていることは良いけれど、
自分のことしか考えていないから
ものごとの全体像が見えていない。

その根本の動機が間違っているから、
結局、一生懸命やっても
タイミングが合わず、不調和なのだ。

そしてそのことが、
自分のことのみならず、周囲にとって、
実にはた迷惑なものになっているのだ。
己の在り様を顧みなさい。

そんな風に言われているようでした。

イタタタタ…。

あの一団、あの男性の姿は
本当に恥ずかしかったなぁと思うので、
よくよく我が身を振り返りたいと
思います。

色々、楽しかったし、
課題もいただいて、
実に濃い秋の一日でありました。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
6月22日(土)17:00~20:00
7月21日(日)17:00~20:00
8月20日(火)19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 受け継がれていくもの

  2. 満月のオンライン瞑想会(5/23)ご感想

  3. 魂の遠く古い記憶

  4. ここから何に気づくべきなのか

  5. 第709弾 無料遠隔ヒーリング

カレンダー

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
TOP