第680弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングテーマ】

自身の意識を、深く大きな命の潮流にチューニングしていくよう最高最善に働きかける

11月8日実施

*****************

今週は季節がグンと進み穏やかな秋の気候から近づく冬をじっくりと感じました。
昨年よりも四季の移り変わりを感じられています。

その反対に自分の抱えている直ぐに解決しない問題に触れたり、TVやYouTubeを観るだけでも意識がその事に囚われて、自分の中心から離れて行くのもわかるようになりました。

一旦意識が逸れると直ぐに自分の中心に戻れなくて、乱れが乱れを呼ぶ、、といいますか、コントロールできない感情に囚われる とゆうパターンがわかるようになり、混乱する奥の感情をジーッと対峙するようにしています。

そしてKOUさんの毎日のblogと瞑想会でのアドバイスが大切なツールとなっています。

この繰り返しですが、薄皮をはがすように、少しずつ少しずつ、ブレずに中心にいつも繋がっている私であるようにコツコツやっていきます。

今週も大切なお題でのヒーリングを送ってくださり、ありがとうございました。

*****************

今回はかなり苦しかったです。
自分の本質を知るのがとても恐ろしいです。何故こんなに怖いのかは解らないけど、頭と身体がバラバラになる様な、心此処にあらずの状態が続いています。

具体的な出来事は、職場で疎外感を感じる出来事が繰り返し起きています。

ただ、今までは、職場に拘らず疎外感を感じては取り乱して問題から逃げ出していましたが、淡々とやるべき事をこなしつつ何とか静観を保っています。

何故疎外感を感じるのか、ざわざわする気持ちの原因は掴めないままです。

あと、やたら掃除したかったり必要ない物を処分したい気持ちが強いかも。

ざわざわの原因を深堀りするのが本当にしんどい、見たくない状態ですが諦めず向き合ってみます。
今回も気付きをありがとうございました。

*****************

今回のテーマは少し難しく、ただただ自分に意識を向けていました。

以前ほど必死過ぎてはいないけれど、広い視野で見ているか考えるとそうではないなと。

ワークする中で、また孤独感が出てきました。
以前のような凍るような寂しさではなく、待ちくたびれたカケラ君の声のようでした。
こんなに待たせてごめんねと、心から謝り、応えてくれたように思います。

それから、鏡である相手が「まさに自分である」ことを少し実感できました。
概念ではわかっていても、なかなか感じることができませんでした。
電車の中で突然、胸にズドンと感じ、同時に涙が溢れそうになるのを必死で堪えました。
あの人は私だと。
まだ入り口なので、これからも見続けていきます。

ここのところの気温の急降下で、遠くの富士山がより美しく見えます。
ほんの数日でこんなにも見え方が変わる、荘厳な自然を感じました。

ありがとうございました。

*****************

今週は、先日おすすめしていただいた弓道を体験してきました。
やってみたらとても楽しく、しっくりくる感じがしました。

今まで、体力のなさなどの不安からやってみたいけれど自分には無理、、と決めつけていましたが、調べてみればそんな今の自分でも無理なくできるスタイルの道場がありましたので、また行くことにしました。

また、自分の家系から体質を見る機会があったのですが、そういえばどちらの家系もほぼ大病することもなく認知症もなく老衰で亡くなる家族がほとんどで、加えて両家の祖父はシベリア抑留帰りと、だいぶ頑丈なルーツでした!
全然弱くもなければ体力ある笑

なにかと怖い怖いという気持ちが湧いてきがちなのですが、今までの逸らすことから、少しずつですがそんな気持ちと一緒にいられるようになってきました。

また色々と表出もしてきています、うまく言い表せませんが、ぎゅっと思い込み握りしめたり、逆に逸らして見ないでいたことなどがあるなぁと感じた一週間でした。

*****************

今週、とある習い事のイベントで10名弱の方とご一緒して食事をする機会がありました。先生はもちろん、他に顔見知りの方もいて、そこそこ会話を弾ませながらの食事会でした。ですが、私自身なんとも緊張して、どのように振る舞ったらよいかとか、この会話はふさわしいのか?と終始考えすぎてどっと疲れてしまいました。誰も私に対して悪意を向けず、素敵な空間でお料理も最高に美味しかったのに、居心地がとても悪かったのです。

思いおこせば、ずっと、このような規模の集まりは苦手でした。子どもの頃の町内の行事、学生時代の部活、OL時代の親睦会、子供の学校の保護者会…
「私はこの場にふさわしくない。いてもいいのだろうか。」と、そういう思いがあるのに気づきました。

ワークで、居場所がいないと悲しむカケラ君をお迎えに行きました。やはり、3〜4歳くらいの私。家族はたくさんいるのに、心は満たされず1人ぼっちの私。中々、一度や二度のワークでは全部のカケラくんを癒やす事は出来ませんが、KOUさんとのセッションの助けもかりて、少しずつ癒やしていきたいです。

*****************

深く自身の命の潮流にチューニング、、を
意識していきました。
結果、私の命は他の誰のものではない
私自身頂いているもので
自身のパワーも何にも差し出すことなく
内にいつもあるもの。
内にいつもあるもの。
いつも! 愛おしくおもいます。
自身にたくさんたくさん話しかけています。

ありがとうございました。
ストレスなく、スムーズに入力できました。
ありがとうございます。

*****************

今回もありがとうございました。

亡き父の生い立ちを知ったとき、九死に一生を得た事の驚きと、なぜ生かされたのか考えた事がありました。必死の母の願いと行動。
繋がれた生、バトンを受け取った意味。

何度も何度も打ちのめされ諦めに気持ちを蝕まれたとき、父さえも顔を知らない亡き祖母に想いを寄せていた。
幼いもの弱いもの年老いたものたちに寄り添う。

身体の自由が効かない主人と心を病む娘と下肢不調な私が、心穏やかにシッカリ歩める様ご先祖様達に感謝して見習わせていただきます。

猛暑のため9月末頃から葉を落とし来年に命を繋げる木々の摂理を感じました。

ありがとうございました。

*****************

ヒーリング後から自分の中の軸がしっかりしてきた様に思います。

それまでは人に流されたり、人に何か言われたら気にする自分がいました。今は自分は自分が守り、悪口を言っている人はかわいそうだと思える様になりました。

いつもヒーリングありがとうございます。

*****************

普段のヒーリングは、エネルギーを掛けて頂いた後に起こる何かしらの出来事で、自分の中の感情が騒がしくなってワークをするというパターンでしたが、今回は不思議と自分の中がザワつくことがあまり無く過ごせました。
(ザワついたとしてもその場で解消できるように物事が進みました。)

今まで当たり前に過ごしていた日々の行動パターンを「これ、当たり前って思っていたけど、果たしてそうなのかな?もっと楽しくて自由な違う方法があるのでは?」と自然に変えてみたくなったり、違う方法を探してみたいという気持ちが多く湧いてきました。

年齢も年齢なので「私の人生はこのまま同じような感じで過ごして終わって行くんだろうなー」と思っていたところに、自由に自分の人生を楽しんでいる方とお話しする機会が何度かあり、新鮮な希望、夢みたいなものを持つようになりました。

これはヒーリングの効果かは分かりませんが、家族が私のスピリチュアルな発言をサラりと受け入れてくれることが増えました。
今までは「それ、変な宗教に感化されてない?」というような目で見られていたのに(笑)家族とは分離していた部分が受け入れられた、そんな風に感じました。

凄く心が軽やかになった気がした今回のヒーリングでした!
ありがとうございました。

*****************

命の潮流を意識しようとしても気になるのは、
深いところにいるカケラ君で、ワークで煮詰まってしまう感じがあったので、
ブログの言葉に誘われ、近場の公園へ出かけてきました。

朝方の冷え込みの中、ベンチで目を閉じてゆったりとした呼吸をし、
風が木々の葉の揺らす音、鳥の鳴き声にしばらく耳を傾け、ゆっくり目を開けると・・・
それまでとは全く違う世界が見えました。

木々の生命力、草花の輝き、今を生きる息吹がそこかしこに感じられたのです。
今この瞬間はこれほどまでに美しいのだと。

充分味わい尽くして、もう一度カケラ君を意識してみると、
深い悲しみの一片には、
自分のミスで大切な人(師と仰ぐ人?)を喪い、
その罪深さゆえに、自分を責め、絶対自分を許さないと決めたことがある。
固い戒めがあるのだと感じました。

自分の魂がかつて体験し閉じたものが、今ここに繫がっている。
明かしてもらえる自分とは、どんな存在なんだろう。。
まだまだですね。
だからこの旅を続けます。

自然の中で過ごす時間を忘れていました。
とても好きな場所だったのに。

【圧倒的な自然、大きな時間】
に触れると、確かに変わりますね。

ありがとうございました。

*****************

ほんの少し前から、
セルフワークでも大いなる存在に委ねるようなイメージをしながら進められるようになって来ていました。

委ねきったときの、
呼吸の深さや身体の緩み、声の心地良い響き…なかなかこれをキープしたまま生活を送るって難しいものですね。

また今回、体感として面白かったのは、
Wi-Fiルータの近くなど電磁波のきつい環境だと委ねるどころでない!という点を感じた点です。

それから、委ねきれた、と思ったとき、
ハートの底に感じている、
いつもの自身の核心のテーマにも触れ易くなりました。

この調子で呼吸をおくりながら、さらにほぐして行こうと思います。
ありがとうございました😊

*****************

この悩みはいつになったら解決するのだろうと、そのことばかりに気を取られてしまったり、今回のテーマのように流れに乗ってるのだからいつかは答えが見つかる、などと気持ちが揺れた週でした。

ヒーリングをありがとうございます。

*****************

息子から、どうしても、と言われ、占いをして貰いました。

21歳から51歳まで、自分のためで無く、人の為にばかり生きてきたから今から61歳までに自分のために生きる事が出来るよう準備しましょう、と、言われ。

なかなか、はい!そうしましょう、と、言って出来るものでもなく、途方に暮れております。
来年、再来年は新しいことやっちゃダメって言われ、更に何だか、ぐったり気持ちが落ちちゃっていて。

仕事したくね~でも、しないと食べていけないし。
と、ぐたぐた考えて居るところ、カードが、ハッキングされて止められて。
苦笑

1度しっかりセッション受けて、エネルギー注入して貰い、良く寝て良く笑い元気を蓄えるところからだな、と、思いました。

*****************

自分はめんどくさいことに直面すると 急に心が 重苦しくなり逃げてきたことが多くありました。
今回の無料遠隔ヒーリングの翌日 5時間のワークを受ける予定でしたが それを キャンセルしたい気持が強くなり、準備ができないままワークを受けました。

私は人前では明るく活発な人間を演じていますが どこか消えてなくなってしまいたいという気持ちがあり、何も辛いことはないのですが お酒を飲んで酔っ払うと死んでしまいたいと思うことがよくありました。でも本当は辛い気持ちに蓋をして無いことにしていました。
その辛い気持ちを抱きしめ 癒してあげることができました。

無料遠隔ヒーリング直後から 感じた ドタキャンしたい気持ち 自分にはおなじみの気持の原因は こんな意外なところにあった。

ハートの中にある どこか遠い 力強い光 、 実はそれが私自身なのかと感じました。

*****************

先週ヒーリングを受けさせていただいて変化しているなと感じた事ですが神戸の母親の容態が戻ってきてます。

妹が面会にいくと画像を送ってくれるのですが目力があります、今だったら電話してもちゃんと受け答えしてくれだろう事、健康状態もいい状態に変わってきていることでしょう。もちろん医者ではないのであくまでも画像を見て感じたことなのですが。

遠い昔現実から逃避するのに動物(柴犬)にかまっていたことを思い出しました。自分の言いたいこと言えなくて自分でも自然と犬とお話ししていたこと。母親から指摘されていたんですがその当の本人が今生きているんですがまるで別人のようになって戻ってきてほしくて今は違うものにすがってます。ネットで映画を貪るように見てますね。あっちの世界に逃避しているかのように…。

まだまだ現状どうなるかわかりませんが自分の出来ることを着実に行なっていきたいと思います。結構ダメージ受けていたんですね。

今週も宜しくお願い致します。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
4月24日(水)19:00~22:00
5月23日(木)19:00~22:00
6月22日(土)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 第702弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  2. まだ見えていない死角にある鍵

  3. 宿命は変えられるのか

  4. 認知の歪みと被害者意識

  5. 結局は自分

カレンダー

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
TOP