感情や感覚を辿る

感覚を辿ってきちんと掘り下げができているときは、これホントなのかな?というあやふやな感じはなくて、どこか、腑に落ちる感じ、確信のようなものが

ここ掘れワンワン!

その人の存在の中心をとれるのは、本人だけです。いくら侵入者がその人のふりをしようとも、侵入者には絶対にできないんですね。だから中心に触れよう

心の迷宮の解体作業

無意識でいたら、楽な方楽な方へと逃げてしまいますので、かなり意識的にやらないと、なかなかに解放作業は進められません。そうして解放のプロセスで

時間と空間を広げる

感情は、時間的な経緯があって抱くものです。時間があるということは、空間も存在しています。ですので、ワークで不可思議な感覚が出てきたときは、そ

時空を越えて繋がる感情

こう考えて見ると、私たちは通常、出来事を体験するときに、「時空間の軸」を元に体験しているのだということを改めて感じますね。いつどこで、自分が

核心の在り処

よく、「痛いところを突かれる」という表現がありますが、普段は見て見ぬふりをしてやり過ごしているところをズバリ指摘された時にこんな風に言います

TOP