我慢と諦め、忍耐と蓋

感情解放ワークでは、諦めは蓋であり逃避であるとお伝えしています。諦めずに蓋をしないでいると辛すぎるから、諦めてその苦しさから逃げるんですね。

本当に欲しいものを求める

自身のより精妙な領域から来る導きを受け取り、対話することは、何も特別な人にだけ与えられた特権ではないのです。自分でそれに触れ、対話しながら人

今ここに踏み留まる力

何事を成すにも、現場(今ここ)にいるということが大切で、そこに踏みとどまるからその状況を切り抜けていく力が、「今ここ」から湧いてくるのです。

やる前から諦めて腐る癖

どうせ叶わないから、行動しないのと、叶うように最善を尽くしたにもかかわらず叶わなかった、というのとでは、まるで体験の意味が違いますね。重要な

関係性の中に溺れる意識

相手に向き合うことの中で、自分自身の内に生じる狂おしいほどの苦しさ、不安、荒れ狂う諸々の感情に翻弄されたとしてもなお、そういう自分を見つめ続

TOP