支えがなくてもこの世界に自身の足で立てる自分

誰にでも、大切にしているもの、
支えにしているものがある
ものだと思うのですが、

それを支えにする生き方、在り方が
原因で何らかの生きることの苦しみが
生じている場合、

この苦しみを解消していくには、
支えがなくても自分の足でこの世界を
踏みしめて立っていられるような
在り方を構築していくことが
カギになってきます。

そうすれば、その支えがなくても
楽に生きていけますからね。

けれども、
その在り方を確立していくためには、
支えに頼っていた期間が長いほどに、
一朝一夕にはいかなくて、段階的な
プロセスを通っていくことになります。

頭では一日も早く楽になりたい
でしょうし、自分はもう手放したいんだ!
と思うでしょうけれど、

頭で思うほど、そうすんなりは
セパレートできないでしょう。

アクセルを踏む頭は、いつも
進みたい方向しか見ていないものだし、
前に進むことを邪魔する反対の要因を
見たがらないからです。

けれども、その反対の要因を
丁寧に対処して行かないと、
本当に自分が進みたい方向に
正しく安全に進むことはできません。

だから、とても慎重かつ丁寧に
自分自身のあらゆるところに気を配って
毎瞬変化していくそのバランスに
自分が適応して行かないと
いけないのです。

変化していくのにも、
その時その人が許容できるキャパシティー
というものがあって、それを越えた変化は
どうやっても受け止められないものです。

そのキャパを超えて変化させようとしても、
揺り戻しが起こるか、越えた先で
対応できなくてまた別の混乱を
生んでしまいます。

ですから、
ここは自分のキャパシティを見極めながら
忍耐強く無理のない範囲で進んでいくことが
とても大切なのです。

ここ↑、さらっと書いてますが、
ものすごく重要なところで、
これができることこそ、
達人への道なのです。

自分の器を見極めるために、
どこをどんな風に見ればいいのかとか、
ちゃんと見えているのかとか、

無理してないと思っても、
後でやっぱり過剰だったとか、
自分にとっての適正値がどこなのかを
把握するというのは、かなり観察眼が
要りますし、

それを見て取ったとして、
はやる気持ちを抑えつつ、
自分を的確にコントロール
して行かなくてはなりません。

さらっと書きましたが、
これって結構すごいことじゃないですか?

毎瞬毎瞬、変化していく自分に
向き合い続けていくわけです。

それができるくらいの忍耐強さが
不可欠であり、

このプロセスを通過していくことで
忍耐強さが育っていくことが、
その先の人生を充実させていくうえでの
ベースになったりもします。

そういう変化のプロセスを通過していくのは、
やはり相当なエネルギーと覚悟が
要りますよね。

本人にそれをおしてもそうしなければ
いけない必然性がないと、
なかなかにやろうとはしないでしょう。

自分の枠組み、アイデンティティが
大きく変わってしまうような変化は、
誰しも恐れを抱くものだし、

ある意味、古い自分が死んで
新しい自分が生まれる
死と再生を通過していくわけなので、

それまで抱いていた世界観が
根底から崩れてしまうことへの
抵抗が激しく起こったりもします。

人は、未知の天国よりも、
慣れ親しんだ地獄を選ぶものです。

決して心地良くはない世界でも、
未知の世界に踏み出す恐さを回避できるなら、
そちらを選びたいのです。

不平不満を言いながらも、
我慢することでこの世界にいられるのなら
ギリギリまで我慢し続けます。

けれど、そんなことを続けていても、
人生は、足を踏み出せ!と強制的に
お尻を押してくることがあります。

それが、耐え難い苦しみや、
現状の強制終了、強制退避です。

たとえば、突然のリストラや事故などで
それまでの生活が変わらざるを
得なかった状況など、

一見不運と思えることも、
実は自身の新たな可能性を拓くために
強制的に新たな道、方向に進ませる
人生からの招待状と取ることが
できるでしょう。

過去を懐かしみ、戻ろうとする
のではなく、肚を決めてこの道で
自分を咲かせる決意ができたなら、

現状に留まっていては知りえなかった
自身の想像をはるかに越えた可能性を
生きることができるでしょう。

そういう意味で、
二度と戻れないというのは
確かに試練かもしれないけれど、
最高の飛躍のチャンスでもあるわけです。

あなたは、本当は今よりかかっている
その支えなんかなくても自由に
自分の足で立ち、走り回る力が
あるのでしょう。

その力を開いて、目一杯生きて
この人生を終えたいのか、

今のそこそこ先の見えた状態を維持して
この人生を終えたいのか。

こう問うと、多分多くの人は
前者だと答えると思うのですが、

その答えが自身のどの深さから
ブレなく言えているかも
注意深く確かめてみましょう。

絶対に必要と思っていたものが、
案外なくても大丈夫だった!と
身軽になれるのは、自分も周囲も
大切にすることでもあります。

深刻になりすぎず、
自身の可能性を信じてあげられたら
良いですね。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
1月7日(土) 17:00~20:00
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
・・・
●年末年始の営業は、12月31日~1月3日までお休みをいただきます
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 助けてほしい時に助けて!と言えるために

  2. 何だかやたらと疲れやすい肉体面以外の理由

  3. モリオンの緊箍児(きんこじ)

  4. 感情の架け橋が繋ぐ別の人生の記憶

  5. 刀剣のカルマの続き

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
TOP