自分自身の真実を生きる苦しみ

一生懸命取り組んでいるつもりだし、
聞こうとしているし、聞いているつもり、
できているつもり、やろうとしている。

でもなんだかどこか、うまくいかない。
よくわからない。
そして、混乱し、ますます悩み、
途方に暮れる。

私自身にも身に覚えがあることなので、
そういうときの辛さやお手上げの感覚、
絶望感は、よくわかります。

それでもやっぱり、
聞いてないですよね。
それ、できてませんよ。
そもそもやろうとしていない。
とお伝えするしかないときがあります。

本当にドツボにはまっているときって、
指摘されても、その言葉の意味が
全く理解できないんですよね。

やろうとしていないって言われても、
こんなに一生懸命やっているのに!
ってなるし、

聞いてませんねって言われても、
いや、めっちゃ聞こうとしていますから!
って一々反論したくなるから。

でも、そういうスタンスで居る限り、
そこから抜けることはないのです。

もがいているうちに、
何かふと気づきがあって、
あぁ!やっぱり私、わかってなかった!
ってことがわかるときも来たりします。

聞ける状態に無いときというのは、
心や体にどこかしこりのような
固いものがあるものです。

それこそが、閉ざしているところだし、
避けようとしている、逃げているところ
なのです。

しばしばそういうところに
意識をフォーカスしようとすると、
そもそもフォーカスできないか、

ツルっと逃げて、無意識にも
別のことを考えていたりとか、
意識が飛んで、捉えられなかったりします。

何度、明確に指摘し、導いても、
そこだけ、まるで視野が欠けたように
空白になっていてつかめないのですね。

だから自分では認識できない。

こういう、意識の視野の欠落というのは
結構カギとなるところで、

自分で、
あ、ここがうまく捉えられなくなっている
ということが捉えられるようになると、
自分の中の封印を見つける嗅覚が
ぐっと鋭くなります。

認識できないところにこそ、
重要な何かが隠れているからですね。

それは、自分が自身を欺いている
まさにその現場を目撃しているわけです。

ここには何にもないよ~って
わざわざ標識が立っているようなところなんて
怪しい以外の何物でもないでしょ。笑

うん、そこに何かあるんだね、
どれどれ、じっくり見てやろうじゃないの
ってくらいになれると良いですね。

掘り下げられる側からしてみたら、
うわ!マズイマズイ!って
慌てるんでしょうけれど。

もっとも触れたくない核心に近づくほどに
心の内側には様々な動揺が起こり、
熾烈な抵抗が起こってくることもあります。

普段から自分の気持ちを
思考で納得させて収めているとか
無かったことにする、
ポジティブシンキングで無理やりすり替える、
軽く考えてスルーするなどをしている人は、

口では本当のことを知りたいんです、
と言っていても、なかなか
自分自身の真実を生きることへの抵抗が
強い傾向があるような気がします。

根本は、自身の真実を生きるということが
どういうことなのかを、本当には
理解していないからこそ、
言葉面を見てそれは良いことだ、
と思ってそうしたい、と言うのでしょう。

自分自身の真実を生きると楽になる、
と単純に考えている人は多いのかも
しれませんが、

ときにそれは、身を切るような
心の痛みだったり、
血を吐くような苦しさを通過
しなければいけない時もあるのです。

そのことを分かったうえで、
それでもそのように生きたい、
と言えるのかどうか。

無理やり切り捨てて終わらせてしまえばいい
と思っている人もしばしば見かけますが、
それだとただ蓋をしただけであり、
本当のその出来事の学びを完了したことには
なりません。

いつまでも苦しみがずるずると続いていくでしょう。

蓋をするのは、
明らかに、真実を生きたことには
なりませんよね。

本当に真実を生きるのだとしたら、
心の奥に捨ててきたその思いもすべて
拾い上げて、完全に受け取って、
無意識に避けている結果も引き受けて
起こってくることのすべてを
生きないといけません。

無理やり終わらせようとしている人は、
要はそれをするのが辛いから、

無意識にも逃げて、
切り捨てたところの辛さだけを拾って
そこを生きることには納得している
と言うだけのことです。

それでも、一見、せいせいしたように
感じられるでしょうね。

でも、それだと卒業はできないのです。

本当に必要なのは、
潔く切り捨てて終わりにする
無責任な割り切りではなく、

理屈では割り切れない諸々の思いを
認め、生きて、傷ついた気持ちに
誠実に向き合い、歩み切る勇気なのです。

そのプロセスを歩む中で、
あなたは自分自身の本当の望みに
気づくでしょう。

そして、そのことで、
あなた自身の人生に、再び
生きる喜びを取り戻すでしょう。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 人生の明暗を分けるもの

  2. 筋を通す

  3. 快楽に没入しに行く意識

  4. 漫画「どんな自分もまるっと愛する」のご紹介

  5. 自分自身の主体性を取り戻す

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP