自分をさらに深く知る眼を磨く

人間、自分が思うほど、
自分のことってわかってないですよね。

自分がわかっていないと
自覚があるのはまだ良い方で、
わかっていないことがわかっていないのが
余計に質が悪い。笑

よく、人間関係で
誰も自分のことをわかってくれない!
と言う人がいますが、それこそ鏡。

自分が自身のことをわかっていないし、
わかろうともしていない、
ということなんですね。

自分のことをわかってくれない
と感じる周囲の人を見て、
その人がどのようにわかってくれないのか、
詳細に観察してみましょう。

単に関心がないのか、
他のことにばかり意識が向いているのか、
その人が見たいように見て、
決めつけてくるのか、
全否定なのか。

色々なわかってくれないパターンが
ありますが、いずれにせよ、
あなたの周囲にいるそういう人と
全く同じ理由、同じやり方で
自分が自分自身をわかっていない
状態になっているわけです。

そうであるならば、
それらのような状態の人が
あなたをわかろうとするには、
何が足りないのか、どうすべきなのか、

それをそっくりそのまま、
自分自身にやってあげれば良いのです。

けれども、それを実行しようとする時、
何かしら葛藤があったり、
苦しく感じたりするかもしれません。

少なくとも、すんなり向き合えるくらいなら、
もっと自分との距離感も近いでしょうし、
自分への信頼もあるはずです。

そうなっていないのは、
自分に向き合うこと自体が苦しいから
なんですね。

そういった苦しさを
きちんと受け止め、統合してあげると、
すんなり自分に向き合えるように
なります。

これは一度にすべてがスコーンと
抜けて、後は大丈夫になるわけではなく、
段階を踏んで、徐々に深まっていく
プロセスを辿ります。

少しは自分と仲良くなったな~
と思っていたら、実はまだまだ
自分を許せていないところがあったとか、
憎んですらいたとか言うことに
あるときハッと気づく、
みたいなことがよくあります。

でも、さらっと表面を撫でるようにしか
自分が見えていないと、
よもやそんなことを自分が思っていた
なんていうことにも、全く
気づけないのです。

ワークを続けて、
それまで抱えていた問題が次々に
解消され、穏やかな日常を過ごせる
ようになられた方も、

ようやく辿り着かれたその平安、幸せを
存分に楽しまれると良いですが、
どうぞそこで歩みを止めませんように。

殊更に問題をほじくり返そう
というわけではなく、
自分をさらに深く知る眼を、
磨き続けて行ってほしいのです。

実は、ようやくそうなったところから
始まる歩みもあるんですね。

わかった、と思った自分だけれど、
さらに良く見て行ったら、
全くわかっていなかった、
見当違いをしていた、
ということもよくあります。

そういうとき、知らぬうちに
私たちはマインドの概念で
自分を見ていて、リアルな自分が
見えていないのです。

だからすれ違う。
わかってもらえない
フラストレーションを感じる。

そうじゃない、決めつけないで、
もっとよく見て、よく聞いてよ。

誰かに対してそう思うとき、
それは、自分自身に対して
言っているのです。

自分自身へ向く意識のフォーカスが
ぴったりと合ってくるほどに、
私たちは自分という存在の
より深いレベルに降りていきます。

そういうプロセスの中で、
不純物が否応なく浮上してきては、
吐き出されていきます。

深まるほどに、不純物を内包できる
余地がなくなっていくからです。

それは、まるで水圧の高い深海に
降りていくようなもので、
そういうレベルのフィールドでも
居られるような自分に、実際に体が
作り変えられていく変容を経て、
それが可能になっていきます。

そういうレベルに深く根付いた自分は、
容易に揺らぐことがない軸を
自ずから体現していることでしょう。

これが、自分に根を張ることであり、
軸を持つことなのです。

今いる自分のところで、
根っこを伸ばして自分を支える
イメージを多くの方が持っている
でしょうし、

自分の体の真ん中に、
一本の柱を立てるように
軸を作るイメージを持っている
と思いますが、

そのような、取ってつけたような
ものではないのだろうな、
というのが私の感じている
根っこや軸のイメージです。

まぁそれはさておき、
まだ認識すらできていない自分に
いかに気づいて行けるのか。

観察眼を磨きながら、
神秘なる自分自身に出会う歩みは
続きます。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
8月12日(金) 19:00~22:00
9月10日(土) 17:00~20:00
10月10日(月祝)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 本当のところ、何をどこまで望んでいるのか

  2. 受け継がれたバトン

  3. 第615弾 無料遠隔ヒーリング

  4. 生きることの辛さの統合

  5. 自分を持つということ

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP