刀剣のカルマ

最近、自分自身のまだ手を付けてない
カルマに向き合って行こうかな、と
恐る恐る思うことがあって、
行動しています。

それが刀剣のカルマなのですが、
先日、明治神宮宝物殿で行われた
展覧会に行って、最初のブロックが
外れた後、

もうどうにも刀剣への好奇心を抑えきれず、
両国にある刀剣博物館や、その他の
美術館に収蔵されている古刀を見に
出かけて行ったりしました。

あれほど刀剣類を忌避していた自分
からすると、変われば変わるものだな、
と思うのですが、これも何か必然の導き
なのかな、と思います。

一方で、何やらよからぬ者に
引っ張られてる?恐れもなくはないのですが、
自分の中にそういうカルマがあることは
以前からわかっていたので、これを機に
ガチで向き合ってみようと思っています。

その流れを拒むこと自体、
逃げであるような気もするので。

現代刀工の作品を見るのは良いのですが、
まだ古刀のエネルギーは良く読み込めず、
多分ブロックがかかっているのだろう
と思います。

何となく意識に靄がかかる感じがあり、
やたらとひんやり感じるとか、感じても
その程度しかわかりませんでした。

読み込まないことで、自分を守っている
ところもあるのでしょう。

そういう領域に意識を向け始めると、
相当にキツイものが来るのはわかっているので、
それに対処して行くだけのものを
自分の側でも準備しなければなりません。

そう考えると、今このタイミングで
そういうカルマに意識を向ける
衝動が起こっているということは、
そろそろそれに対処するだけの土台が
整ったと言えるのかもしれません。

それまでは、到底触れることのできない
領域だったのでしょう。

以前から知りたいと思っていたことに、
よく、妖刀と呼ばれる刀がありますね。

あれは、どの段階で人を狂わせる刀に
なるのか、と言うところに興味があって、
刀そのものに契約が入っているものも
あるのか、というのも確かめたい
ところではありました。

何でこんなことに興味を抱くのか、
変な興味の持ち方だな、と自分でも
思うのですが、多分、私の魂の記憶を
紐解くカギなのかもしれません。

本物の刀を見て思うのは、
刀そのものにエネルギー的な個性が
厳然としてあるということで、
それは身につける人にとって、
相当な影響を及ぼすアイテムだろう
と思います。

インド占星術の処方で、宝石の処方が
ありますが、あれはその人のホロスコープで
星のエネルギーが足りないところを補い、
また良いところを伸ばすようなエネルギーの
宝石を身につけるのだと理解しています。

これを逆手に取れば、
その人の不穏なエネルギーバランスを
助長するような石もあるわけで、
そういうものを身につけたとき、
それは非常に危険な身を滅ぼすアイテム
となるでしょう。

これと同じようなことが、
刀にも言えるのではないかと思っていて、
相性の悪い刀を身につけたとき、
不穏なエネルギーを掻き立てて
精神を狂わせ、身を滅ぼすような
流れに駆り立ててしまう例も無かった
とは言えないのではないかと
思ったりもします。

あるいは、作刀の時点で
ネガティブな意図を込めるとか、
ダークサイドとの契約を入れるとか
そういうものもあるのか知りませんが、
色々なケースがあるのかな、
と想像は止まりません。

どんな刀を身につけると自身のエネルギーが
整うのかは、その人の持っている
ベースのエネルギーによって
違うのでしょうが、

作刀の伝法によって、山城伝とか備前伝とか、
またその中の流派によって、たとえば、
相州伝の正宗はホロスコープでいうと
水星が弱い人に良いとか(知らんけど)、

さらに刀身に梵字や龍を掘り込むことで、
より細かな調整をしたり、意図の方向性を
定めるとか、

何かそんな傾向がもしあったとしたら
面白いですね。妄想は膨らみます。笑

拵え(こしらえ)という外装部分も、
荒々しい刀身の癖を安定させたりと、
エネルギー的にもかなり重要な意図を込めて
作ることもできそうですよね。

時代を経て様々な持ち主の思念を
受けながら伝えられている作品は、
新作と違ってまた色々な要素が入りますが、
その辺、触れるのが結構恐かったりします。

君子危うきに近寄らず、
触らぬ神に祟りなし、がモットーですので、
本来はそんなところには首を突っ込まぬのが
基本スタンスなのですが、

自分の中の未完了の荒ぶるエネルギーを
昇華できたら、また違った景色も
見えるかな、と好奇心が抑えられません。

これから来年にかけての私のテーマです。
慎重に、焦らず行くことにします。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 人生の明暗を分けるもの

  2. 筋を通す

  3. 快楽に没入しに行く意識

  4. 漫画「どんな自分もまるっと愛する」のご紹介

  5. 自分自身の主体性を取り戻す

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
TOP