刀剣のカルマの続き

鏡の法則って、本当によくできたもので、
何か約束をしたのにほっぽらかしていると、
もしもし、何か忘れてやしませんかね~?
と肩を叩かれるような出来事が
やってきます。

先日もそんなようなことがあり、
ある人が度々言ったことを違えるので
なんて不誠実なんだ!!!と
プリプリ怒っていたら、

これって、ひょっとして自分のこと?
とハッとしたのでありました。

不思議なもので、あぁそうか、
全くこれは自分自身のことじゃないか!
と気づくと、その相手への怒りと言うのは
その瞬間に霧散するんですよね。

はい、お知らせ、受け取りました。
直ちに取り掛かります!
ということで、先日拝命した
刀剣のカルマに向き合うことにしました。

先日の気づき以来、
ちょっとはバンダの考察も
色々実践してみてはいるのですが、
まだ全然本腰を入れていませんでした。

今度こそは真剣に、
と取り掛かったのですが、
このバンダトラヤをかけたときの
エネルギーをどう使ったらいいのか、
色々できそうな感じはするけれど、
未だ閃きはありませんでした。

そもそも、誰をお迎えに行かなければ
行けないのか。

自身の内側に、
私が解放しにいかなければいけない
誰かが居るのだろうか?聞いてみると、
即座に、居る、と答えが返ってきました。

その声が来た方向に意識を向けて
フォーカスしていくと、
一人の細長い侍の姿が見えました。

やけに体が冷たく感じて、
体全体に、確かに刀剣のカルマが
感じられました。

この感覚は言葉では説明し辛いのですが、
刀をある使い方をした者に特有の、
魂に刻まれる刻印みたいなものです。

このひんやりした感触は、
先日行った刀剣博物館で見た、
やたらとひんやり感じた
あの刀の冷たさにそっくりです。

見ている内に、その御霊の体に
何本もの氷のような鎖が絡まっていて、
氷床に繋がれているビジョンが
見えてきました。

覚えず、お地蔵様のご真言を
唱えながら、さらに読み込んでいきます。

とにかく冷たくて、ハートの芯まで
凍り付いているかのようでしたが、
ご真言を唱えながらエネルギーを
流していくと、少し、人間らしい質感が
戻ってきました。

さらにしばらくすると、
絡みついていた氷のような鎖は
パキンパキンとはじけて外れ、
繋がれていた氷床も消えていきました。

青白く細長かった無表情の侍は
演目はわからないけれど歌舞伎役者のような
姿になって派手に動き回っています。

けれども、最初からこの侍には
どうも人間らしい感情と言うのが
さっぱり感じられず、いくら呼びかけても
返答がありません。

一体この存在は、何なのだろう?
と不思議に思って、鎖も外れたし、
これでいいのかな?と思っていると、
上から、まだダメ!と声が下りてきました。

まだやることがあるようです。

さらにその人物にエネルギーをかけて行くと、
今度は背中から脱皮をするように
つるりと色白の優男が出てきて倒れたので、
抱き起して介抱しました。

この人を正気に戻せばいいのかな?
と思ったら、白目を剥いて暴れだしたので、
片手で体を抑え、もう一方の手で
第三の目のところに指を当てて
ご真言を唱え続けました。

すると、その人の体が黒い塵が
風に吹かれるようにさ~っと消えて、
白い骨だけが残りました。

はて?と思っていると、
目の端にタタタタタ…と走る
童の姿が見えて、あの男性が
この童になったんだろうか?
と思ったのですが、

この白骨の周辺にも
まだ濃厚にあの男性の気配があって、
何だか妙な感じでした。

さて、これをどう収めたら良いのか。
迷った時は最初に戻る、ということで、
あの氷床に繋がれた侍はどうなったかと
もう一度確認すると、

小高い丘の上に黒っぽい歌舞伎役者
のような人物が腕を組んで
でんと床几に座っていました。

ここまで、バンダトラヤのエネルギーは
使っていなかったので、この人物に
かけてみることにしました。

すると初めて、この人物の奥に
悲しみの感情が読み取れました。

詳しいストーリーなどは
読み取れなかったのですが、
エネルギーをかけたことで、
多少心に穏やかさが生じたような
気がしました。

まだ私の方が至らず、アクセスできていない
ところがあると思うので、引き続き
取り組んでいくことにします。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 人生の明暗を分けるもの

  2. 筋を通す

  3. 快楽に没入しに行く意識

  4. 漫画「どんな自分もまるっと愛する」のご紹介

  5. 自分自身の主体性を取り戻す

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOP