ただ、その痛みを引き受ける

今年もあと3日ですね~!
年内にやり残したことをあれこれ思いつつ、
焦りとともにジタバタもがいております。
(^^;

新年は4日より始動いたしますが、
この日、実はまだ空いてますので、
年明け一発目に滑り込みたい!という方は、
ぜひご連絡お待ちしております。

2023年最初の満月のオンライン瞑想会も、
7日(土)17時より行います。

こちらも絶賛受付中ですので、
またみなさんのお元気なお顔を
拝見できましたら嬉しいです。

詳細はこちら
満月のオンライン瞑想会

さて。

今年もたくさんの方々にセッションを
お受けいただきましたが、
最後の最後まで、新たな学びと発見を
いただきました。

一つとして同じセッションはなく、
それぞれが一期一会で、
その方を通して、時空間を越えて
出会った存在たちにも、
感謝の気持ちでいっぱいです。

自分は、こんな風に生きたんだよ。
痛かった、楽しかった、愛おしかった、
淋しかった、嬉しかった、悲しかった、
悔しかった、虚しかった、
ただただ、感謝だった。

そんな人生(人じゃない存在も
たくさんいたけれど。笑)の一端を
垣間見させていただいて、

たとえその人生のその時の姿が
荒れすさび、醜かったり、
魂を奪われるほど、美しいもの
であったとしても、

また、理不尽極まりなく、
言いようもなく無情なもの
であったとしても、

良いも悪いもなく、
そういう体験があったという
以上でも以下でもないのです。

どれほど胸がえぐられようと、
死んだ方がマシだと思えるような
体験でも、

ただそれを、
どんな解釈も言い訳もしないで
体験していくことだけを
魂が求めていることもあるのだと
知りました。

感情解放のセッションで、
別の人生の記憶を掘り下げていた時、
悲劇的な結末に至るストーリーの場合、
大抵はその結末に至る前に時間軸を遡って、
決断と選択の転換点を探っていきます。

その時点での受け止めきれなかった
ネガティブな感情のエネルギーを統合できれば、
決断が変わり、悲劇の結末は回避できるのですが、

どこにもその転換点が見いだせず、
また純粋に相手を思う気持ちから出た行為が
どちらに転んでも、魂をえぐるような
悲劇に行きつくというストーリーに
出合いました。

こんなこともあるんだな、と思いつつ、
さて、これをどう導いたら良いのか、と
このストーリーが差し出すものを見つめて
浮かんでくるのは、

ただこの痛みを、逃げずに引き受けること
でした。

通常は、重い時代背景があっても、
そういう時代だから、という理屈で
その背景をスルーすることはありません。

為政者のレベルまで辿って、
転換点を探り、そういう社会の基盤まで
転換していくケースはいくつもありました。

でも、そのときは、
そうではなかったんですね。

セッションは生ものなので、
後から、もし~だったら、という
「たられば」はないのですが、

きっとその方には、
その痛みを通して開かなければならない
道があったのでしょう。

すごいチャレンジをされている
魂なんですね。

幸せになることも、
生きていることすらも許しがたいと
思うような体験に打ちのめされて、
深く暗いところに沈んだ魂を
お迎えに行きます。

そんな風に、
自分自身を封印している方って、
結構いらっしゃるように思うのですが、

永劫の闇の中に自身を消す呪いも、
始まりがあるものには、
必ず終わりがあるのです。

その責め苦が終わり、
あの出来事が完全に統合される日も
近いのでしょう。

どんな悲劇の中にも、
人間目線をはるかに越えた眼差しから見れば、
必ず、言いようのない愛に触れる
レベルがあると私は思っています。

それに触れるのは、簡単ではないけれど、
この難問を解いた魂は幸いです。

みんな、
そんな唯一無二の自分の道を歩みながら、
このひと時を共に生きているのですね。

あなたの歩みに、祝福を。
私の歩みに、祝福を。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 無意識の感情の揺らぎと自動的な反応

  2. 唯一無二のこの自分

  3. 奥義と口伝

  4. 見たくないものは見えない

  5. 第639弾 無料遠隔ヒーリング

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
TOP