第643弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングテーマ】

自分で決めたことの結果を引き受け、自分の人生を地に足をつけて歩むよう最高最善に働きかける

2月22日実施

**************************

今週もヒーリングを送っていただきましてありがとうございました。

私はいつもkouさんからのヒーリングを直ぐに感じる事はできないのですが、その週に起こる出来事や、心との対話がうまくいかずに長年の癖の思考で答えを出そうとしてしまっている時に、今まで思いつかなかった別の見方がフッと浮かび(聞こえる?)その浮かんだ見方を辿っていくと腑に落ちたり、、、そんな感じでヒーリングを受け取っていると思います。

今週もなかなかベビーな週でした。

また決定的な衝突がありました。
いつもなら第一声で謝るのですが、「私も辛いけどそこまで私を嫌い、軽蔑する娘も辛いはず。
娘には娘の対峙すべきカケラ君があるはずだから、距離を置いて私は私のやるべき事をやろう」
と思いました。

わたしのカケラ君の反応をみてみても、そうよ、迎えに行かなくちゃいけない、待ってる悲しみのカケラくんは娘の中じゃなくて私の中なんだと。

色々誤魔化すために今まで散財し、認めて欲しくて相手に良い顔をむけ、抑えつけたカケラ君が「おのれ!よくもよくも!」とまで育てたのは自分ですから、これからもう道を逸れる事なく、逃げる事なく、一つ一つ自分を迎えにいくよ、と改めて決意した今週でした。

現状を引き受ける事は本当に辛いですね。
でも、自分を取り戻す事をずっとやり続けて行きます。

今週もお世話になりました。
ありがとうございました。

***********************

都会の気忙しいしごとにドロップアウトして戻ってきた姪っ子と同居して、早、ひと月半経ちました。

ハートにチクチク突き刺さるような場面、
見てて苛立ちを感じるような出来事を
見せてくれています。

最初はムカッと来ました、だけど心を落ち着かせて良く良く見ると、私そのものです。
ちょっと笑ってしまうくらい、似ているなと。そして、怠慢だった自分に今更ながら気付けました。

痛くて目を背けてしまうけど、そこはガッツリ受け止めて生き切ろうと決めました。
苦しいし、逃げたくなるけれども、命の呼吸を送りながら、丁寧に生きて行きたいです。

KOUさん、ありがとうございます。

***********************

25年勤めた職場、ここを離れることになると何となく感じていて、とうとうそういう出来事が起き、それも目を伏せてやり過ごそうとしていたら、また「気づきなさい」という出来事が起きました。

腑に落ちる感覚があって、直ぐに退職を申し出ました。

きっといろんな感情が湧くだろうと思っていたのに、離れる寂しさとか、自由になる嬉しさといったものがなかったのです。
それが逆に正しい選択をした証なのだと自分に言い聞かせたり、正しいかどうかの答えを先に求めようとしてたように思います。

ヒーリングを受けて5日程経ちます。
どうしてここを離れようと思ったのかも分からなくなってたようです。

同僚と話してる中で自分の発する言葉に「わたしの根幹はこれだった」と気づき、また目の前に現れる映像は背中を押す感覚のものでした。
そして心の声なのか「限界なんだよ」って言葉が何度も浮かんできました。
ここに居ることが限界?

自分で決めたことの結果を引き受け、自分の人生を地に足をつけて歩むよう最高最善に働きかける

KOUさんのこの日のブログを繰り返し読んでいます。

自分で決めました。
やると決めました。
その結果は自分で責任を持って引き受けます。
そう、自分に約束すると言い聞かせています。

ありがとうございました。

***********************

いつもお世話になっております。

自立イコール自分で自分が養えること。養う手段として人の為になり、自分もやりがいや楽しみが持てることを生業としていきたい、との理想を持っていました。

実際はそれとは程遠く、出来ていない自分を責めたり、人や環境のせいにして逃げていたのが実情です。

逃げる理由として、もう埋めることの出来ないような過去の出来事や、起きてもいない未来への危惧や、言い訳はいくらでも出来て。

傷つくのが怖くで失敗する勇気もなくて、もういい加減それらをやめなければ今いる場所から一歩も進んで行くことは出来ないのではと感じています。

そのためにも自分への信頼、自信のなさを取り戻したいです。

そして日々自分に起きる様々な出来事を通して、自分に向き合うチャンスと捉え、もうこれ以上逃げない自分になりたいです。
良い機会を頂きありがとうございました。

***********************

先週の続きになりますが神戸の母親の状態が少しずつ変わって来てるようです。

2週連続して日曜日に出勤する間際の時間に連絡してみたところようやく会話ができるようになってきました。内臓系にはお陰様で悪いところが無く食事は元からを細い上に意欲も無くなりさらに食べなくなって体重も子供の体重ほどしかありません。

主治医の先生も尿検査をしたところ饑餓状況とのことで点滴を打ってもらう始末です。だから無気力になって寝たきりになっていたようです。

今も似たような状況ですが妹が何かと世話して生きているというのが正直なところです。食べろ食べろと言ってもなかなか伝わらず苦労しているところですね。

状態のいい時にこちらも言いたい事(伝えたいこと)を言っているだけですがまだ行動が変わったという報告はありません。このまま亡くなってしまったら悔いが残るので根気よく連絡をして行こうと思ってます。危機的な状態からは脱しています。ありがとうございます。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
4月6日(木) 19:00~22:00
5月6日(土) 17:00~20:00
6月4日(日) 17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 鏡の使い方

  2. 第646弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  3. 自分自身を大切に慈しむ

  4. 誤った希望という名の幻想

  5. 感じないでイメージすることに逃げる人

カレンダー

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
TOP