第659弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングテーマ】

見たくないものを覆い隠す心の煙幕を越えて、自身の真実に直面し続けていくよう最高最善に働きかける

6月14日実施

****************

今回のテーマの前文にあったスピリチュアルな契約は初めてのKOUさんのセッション時に指摘していただき、その時は「努力してきたのに何がいけなかったのか、、」と混乱しました。

それから自分を取り戻す、本当の私って、、の自問自答、カケラ君の声を聞くようになって今、あの状態が不自然で、「そんな努力いらんし!」だったとわかるようになりました。

今週のテーマの心の煙幕について、申し込みした時は捉えられてなかったんですが、日曜日に30年振りに参加した仕事のイベントでわかったことがありました。

懐かしい、あの頃のままの劣等感と興味のなさが湧いてきて、何とも不快で頭痛と眠気の1日。

仕事をしていく上で 実は興味がない自分を認めるのはとても都合が悪いし、この劣等感が辛かった。 興味がないから努力も続かない。だけどこの仕事を続けていきたいから自分でない外の力を取り込む努力をして、「本当は興味ないなんて絶対に知られたらダメ」を捉えたらカケラ君の苦しいこと。。

あぁ、煙幕ってこうゆう事かと気付けました。

この嫌な辛い気持ちを誤魔化さないでカケラ君の声を聞いて対峙して今度こそ自分の本来の姿に戻っていけるようにこれからも続けていきます。

今週もひとつ、気づけました。
KOUさん今週もお世話になりました。

ありがとうございました。

****************

この遠隔ヒーリングを受けてからしばらくして、ちょっと辛い出来事があり、私自身すっかり忘れていた昔の感情が呼び戻されて、一日中悲しく、重苦しい思いを引き摺っていました。

「やっぱり私ダメだった。せっかくたくさん教えていただいて、心も楽になって生まれ変わったように思っていたけど、自分の思い込みだったんだ」と諦めの気持ちになりましたが、この苦しい思いは、今、自分のために出て来てくれているんだと思い直し、内観してみました。

人の視線が怖い、もう誰とも関わりたくない、一人で居たいという強い不安感とともに、ハートと喉のあたりが痛み、汗が吹き出しました。しばらく痛みの部分に光を送るイメージで深呼吸を続けると、ハートの深い深いところで傷だらけになった子供の頃の自分が居ました。

いつの頃の自分か、何があったかどうしても思い出せないけれど、その子供の自分が愛おしくて、泣きながらしっかりと抱きしめました。

今も毎日内観を続けて、その時の自分に会いに行っています。今はなぜか先の幼児の頃の姿ではなく、若い青年(しかも男性?)の姿なのですが、傷は少しずつ癒えていて、話が出来るようになりました。今も怖くて自分の思いはなかなか言えず、不安できゅうっと小さくなっている、、、そんな姿の自分が、実は本来の私だったんだなぁと思います。

神様からお守りを頂かずとも、何某の他存在にお護り頂かずとも、本来の私の言葉で、行動で生きていけるよう、今後も私自身の声を大切にしていこうと思います。

今回も、本当にありがとうございました。

****************

kouさんいつも有り難うございます。

先週第659弾無料遠隔ヒーリングの感想になりますが昨日凄い睡魔がやって来まして普通に睡眠時間は約7時間取っているのですが何かの暗示かと…。

自分の仕事に関しては契約が間も無く切れるので今後も契約してもらえるのか事前に打診はしているのですがさてどうなるのか?今回は頂ける給与面でご相談させていただいているので時間がかかるのと自分が必要とされているのかを確認できるので会社の回答待ちです。

契約してもらえるだけでもオンの字というのがいつものパターンですが押してみなさいという心の声があったので交渉してみました。

神戸の母親は昨日退院させていただいて老健(一般生活を送れるようにリハビリする施設)に一時的に入所しました。少し安心しております。

近況は以上です。また今週も宜しくお願い致します。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
4月24日(水)19:00~22:00
5月23日(木)19:00~22:00
6月22日(土)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 掛け値なしの実力

  2. ダイレクトに本質につながる信仰

  3. 第701弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  4. 狂気にまどろむ安らぎ

  5. 自身の奥深い可能性を探求することの意義

カレンダー

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
TOP