何もわからないという導き

昔は偏食は良くないもの
とされていましたが、今は
偏食はその人の体質に合ったものを
体が自然に欲し、必要のないものを
欲しがらないようになっているという
考えがあるようで、

ただ、中毒になっていて
病的に欲しがるものは別として、
自分の体験に照らしても
腑に落ちるものがあるし、
なるほど、と思いました。

同じ家族でも体質が違うので、
好む味付けも食材も大分違って、
私だけ、後からスパイスを足したり
することもあるし、

私専用にテーブルに常備している
トッピングなんかもあったりします。

別に体に悪いものではないので、
好きなように摂っていますが、確かに
東洋医学の考え方に照らしてみると、
それらは私の体質に合う食材のようです。

体が何か必要なものを自然に欲するように、
心にも特に自然に意識が向くとか、
その方面の勉強が苦にならないとか
ありますよね。

反対に、
どうしてもそちらに気が向かないとか
苦痛だとか、どんなに頑張っても
身に付かないとかいうものもあります。

時期的なもの、タイミングというのも
あるかと思いますが、そうした
心や体の声に従って選択をしていくことで
難を逃れたり、良い流れに乗れたり
ということはあると思います。

どうも噛み合わないと感じたときは、
そうした声に逆らって
無理にしがみついたりねじ込んだりせず、
いったん手離してみて様子を見るのが
良いのかもしれません。

どう頑張っても、うんともすんとも言わない、
見えてくるものも感じるものもない、
というのであれば、それが天の声
なんだと思います。

それに真摯に向き合ってみて、
何かやるべきことがあるのなら、
心に何か浮かぶだろうし、わかるはず。

わからない、何もできない自分を
責めることなく、流れに任せて、
けれども、できることが浮かんだら、
直ちに動けるようにはしておく、
くらいが良いのでしょう。

世の中には、同じ状況におかれても、
その場でやるべきことが見える人と
そうでない人がいます。

見える人には、その方向に行動する
導きが来ているのだろうし、
見えない人には、その場では
関わる必要がないという
それも一つの導きなのでしょう。

普段からどんなアンテナを立てているかとか、
これまでにどんな背景、蓄積があるのか
によって、やって来る導きは
確かに違ってきます。

導きは、
自分から求め、呼ぶものもあるけれど、
一方で、自分の意志を越えたところから
やって来るものもあります。

前者は普段から自分で意識して、
努力することはできますが、
後者は努力に関係のないところで
何かもっと大きな意志によって
もたらされる感があり、

普段、あれほど意識を向けているのに、
なぜかある人はみんなが気づくことが
見えず素通りし、

また別のある人は、それほど
意識もしていなかったのに、
ごく自然にふとそれが意識に入ってくる
ということもあります。

理不尽なようでいて、
それも何か、ある視点で見たら、
意味のあることなのかもしれません。

そうやって、
不思議な縁の糸が絡まり、
運命のタペストリーが
織りなされていきます。

自分でどうしようもないことに
心を痛め、気を病むことはせず、
出来ることにはベストを尽くす、
しかないのかな、と思います。

あまりに色々と難しく考えすぎて、
たまに訳が分からなくなって
がんじがらめになってしまうことが
ありますね。

力を抜いて、
シンプルに捉えてみるところに
戻って来よう、と思った次第です。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
4月24日(水)19:00~22:00
5月23日(木)19:00~22:00
6月22日(土)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 掛け値なしの実力

  2. ダイレクトに本質につながる信仰

  3. 第701弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  4. 狂気にまどろむ安らぎ

  5. 自身の奥深い可能性を探求することの意義

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
TOP