明後日の方向を向いて吠える人

ある人が私を捕まえて、
ねぇちょっと聞いてよ、と言わんばかりに
自分が所属する組織の上席の愚痴を
わ~~~っと吐き出してきました。

あの人って、〇〇〇〇でまったく、
■■■だって言いたくなっちゃうわよ~!
とその勢いは止まりません。

言いたくなっちゃう、じゃなくて、
何でそれを本人に言わずに
明後日の方向を向いて
私に吠えてるんだ?
と突っ込むと、

その人はふふん、と言葉を濁しながら、
本人には言えない様子。

意気地がないなぁ、とつぶやきながら、
それじゃぁ、愚痴を言っている
その上席と同じだね、と内心
思いました。

本人には言えないことを
明後日の方向に向かって盛大に吠える人、
いますよね。

私自身、そういう傾向がすごくあることを
自覚しているので、最近はできるだけ
言いたいことがあるなら本人に直接
言うように心がけてはいるのですが、

明後日の方向に向かって言うより、
何倍も勇気と覚悟が要るし、
神経使いますよね。

無責任な愚痴を吐くよりは、
覚悟を持って本人に言える度量の在る
人間で居たいと思います。

向けるべきエネルギーの方向性を誤ると、
力は有効に使えません。

明後日の方向を向いて吠えるのは、
ある意味、その力が対象に直接
伝わらないようにしている意図がある
とも言えるのですが、

そのことは、自分の本当の願いが
単なるガス抜きで良いのか、
ものごとの根本解決を望むのか、

よく精査したうえで、
自分のエネルギーの向け先を
決めるのが良いような気がします。

単なるガス抜きをするだけにしても、
ストレスが発散されるのは一時的で、
潜在的にはずっと解消されない
苦痛を抱えているわけです。

それに対して、
場当たり的な対処しかしないし、
する意志が無いというのは、
自分の人生に対しての責任放棄
であるようにも思います。

そういう人の現実には、
鏡の法則を通して、やはり自分の責任を
果たそうともしない、分別のない人が
現れるでしょう。

上記の御仁はまさにそれを地で行く
現実を体験しているわけですが、
本人は目の前に現れている上席が
よもや自分自身の写し鏡だとは
夢にも思っていない様子。

私は分別ある大人だけれど、
上席は意気地のないダメ人間だと
思い込んでいるようです。

蔭でこそこそ言うのは、
表立って言ってしまったら
自分が責任を取って行動しなければ
いけなくなるので、そういうのは
面倒だから嫌なのだそうです。

自由と責任は表裏一体、
責任を取れないのなら、
自由もないわけです。

責任を取らないメリットを得る代わりに
行動を制限され、ストレスを抱える
というデメリットを受け取っている
わけですね。

よく、とてもストレスを抱える状況なのに、
なぜそこから動かないのか、
そこに居るメリットは何だろう?
と問うと、

え~・・・メリットなんてありません、
って答える人がいるのですが、
そんなことはないんですね。

このケースのように、
消極的、受動的なメリットは
しっかり得ているにもかかわらず、
その自覚がないだけです。

こういう人は、
様々な形で自分の自由と意志を相手に預け、
自らに山盛りの制限を押し付けるので、
自身の人生を自分の意志で切り拓いていく
ことはできません。

不平不満を言いながら、
自覚なく被害者になり、
生ぬるい地獄に留まるしかないのです。

さて、あなたは今、
どれだけ自分の人生に意識的で、
自由でしょうか。

無自覚の被害者になっていないでしょうか。

そうならないために、
自分自身に対して、してあげられることが
あるでしょうか。

人生は、思うほど短くはないけれど、
長くもありません。

時を無駄にしないように。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
5月23日(木)19:00~22:00
6月22日(土)17:00~20:00
7月21日(日)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 思うようにならない体への恐れ

  2. 思うようにならなくて楽しい人生

  3. 第708弾 無料遠隔ヒーリング

  4. 辻褄の合わなくなった心の継ぎ目

  5. 第706弾 無料遠隔ヒーリングご感想

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
TOP