限界を見つめる眼差し

限界を知ることは、絶望と同義と捉えている人もあるのかもしれませんが、そんなことはありません。壁にぶつかることで、そもそもその壁を越える必要が

「型」についての考察諸々

型とはまさに道で、道は必ずどこか、あるいは何かに通じています。道を歩む中で、どれだけ自分が何かに通じることの意味を理解できるかが、歩みの深さ

限りなく広がる可能性の扉

できる、と感じられればできてしまうし、できない、と思えばどうやってもできない。無数にある可能性のバイブレーションのうち、自分がどのバイブレー

TOP