「憲法」という名のプログラム

昨日の投稿は、なぜか国体への意識の話から
憲法第9条の話まで繋がってしまったのですが、
そういえば憲法記念日っていつだったっけ?
って思ったら、明日でしたね~。

何か、集合意識的なものを拾ったのだろうか?
と思いつつ、ゴールデンウイークの頭はあっても
憲法記念日なんて、覚えてる人いるのかな?笑

まぁ、せっかく平和憲法の話題が出たのだし、
と、あれからまた色々考えて、
ちょっと思うところがあったので、
昨日の続きのような話を書いてみます。

セッションをしていると、その方の中に
様々な思念プログラムのコードが
エネルギー的に読み取れます。

たとえば、
私は決して愛されない、とか
私は常に守られている、とか、
人は必ず私を裏切るだろう、などなど。

そういうものが、
その人のものの考え方や言動のベースになって、
人生を左右していくんですね。

私のセッションでは、
そういうプログラムを見つけたら、
それが入った背景を読み解いていって、
周辺の感情的なもつれを丁寧に解いていき、
それを成立させている要因を統合します。

で、憲法第9条の話になったときに、
憲法って、ある意味その国のプログラム
そのものだよねってことに思い至りました。

日本とはどういう国なのか。
その根本をプログラムしているのが
憲法なのです。

そのプログラムの中に、
この国の在り様をいびつに歪ませる
コードが入っていたら、
どうなりますかね?

と問題提起をしておいて、
憲法第9条ってどんなんだっけ?
ってことで、振り返ってみましょう。

〔戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認〕
第9条日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

私もウン十年前に、学校で習いましたね~。

私は法律家ではないズブの素人ですが、これを
先程お話ししたようなスピリチュアルな視点で
読み解いてみると、

まず
「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使」
を「永久に放棄」(封印)することが明記されています。

これを見ながら思ったのですが、これだと、
ただ戦争と武力による威嚇やその行使は
やっちゃダメなんだよね、ってだけではなく、

そもそも「戦争」と威嚇を含む「武力の行使」
という概念自体が認識できないように
なってるんじゃないか?
と思いました。

もちろん、わかってはいると思うんですよ。

でも、ある意味で、その言葉の概念が
どこか別次元の話のように実体がなく、
捉えられなくなっているような気がします。

自衛隊の方々も、あらゆるレベルで国防に関わる
方たちも、日々誠実に、懸命にミッションを
遂行されていることは疑ってはいませんが、

これを見ると、
そういう意識エネルギーのベースの上に
私たち国民のすべてが置かれている
ということは、押さえておいた方が
良いだろうと思いました。

これがどういうことを意味するかというと、
例えば、個人レベルの感情で例えると、

怒りを良くないものだとして封印した人は、
自分の中に怒りがあっても
認識できない状態になります。

そうなると、怒りはあるのに、
それによって引き起こされている
あらゆる機能不全に対応できない
状態になってしまうのです。

なぜなら、認識の上では「無い」状態なので、
対応すべきものが無い、ということに
なってしまうからです。

けれど、認識できなくても
実際になくなったわけではないので、
その影響は厳然として受け続け、
苦しむことになるわけです。

これを先程の憲法の条文に照らして読み解くと、
戦争や武力による威嚇、武力の行使という
概念がうまく認識できないので、
戦争という状態や自分自身の武力に対して
正常に対応できない状態になっているわけです。

これまで国会や数多国民の中でなされてきた
様々な議論も、結局いまだに
国民が納得できるような、
実効的な成果を見いだせていないのも、
さもありなん、という気がします。

実は私は、今現在、日本は戦時中だという
認識を持っているのですが、

ミサイルや銃弾は飛んでこないけれど、
この国は既に相当なレベルで他国に
侵略されているし、国は防戦もままならず
ほぼ傍観しているに等しいのではないか、
という印象を持っています。

戦争や武力が認識できていないが故の
この状況。

日本にはスパイ防止法もなく、
土地規制法案も提出されはしたけれど
骨抜きになっちゃいましたしね。

国の根本にこんな封印がかけられていたら、
単に武器の使用を封じられている以上に
もっと根深い機能不全になります。

これは、単なる「平和ボケ」というレベルの話
ではないのです。

戦争反対!というスローガンで
思考停止していられるような時代は
当の昔に過ぎているのではないでしょうか。

国民全体が、この国を守り、
悲惨な戦争を回避するには、
現実的にどうしたらいいのかと
しっかりと目を向けて
行動しなければいけないのではないでしょうか。

眠りこけたまま、
今享受している豊かさや平和が
これから先も同じように続いていく
とタカをくくるには、あまりにも
現状は厳しい、とヒシヒシ感じるのでした。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 無意識の感情の揺らぎと自動的な反応

  2. 唯一無二のこの自分

  3. 奥義と口伝

  4. 見たくないものは見えない

  5. 第639弾 無料遠隔ヒーリング

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
TOP