原罪と自尊心

心を強くするものが必要だ。
そんなことをふと思いました。

自分の心をどこに向けていくかで
随分と表れてくる姿も違ってくるように、
願わくば、気高く誇り高い人間性を
体現させるようなものに触れることが
この時代、特に大切だと
ひしひし感じています。

私たち人間には、素晴らしい可能性と
能力がありますが、とにかくこの世界には
それを損ない、弱めようとする働きが
あちこちにわんさかあって、
肉体的にも精神的にも健全に在るだけで
すごく大変です。

水も食べ物も空気も、
随分汚染されていますし、
気を付けていても、清浄なものだけを
取り入れることはほぼ不可能です。

加えて、精神を蝕むものが多すぎる。

私たちの日常には、無意識レベルで
人間の尊厳を知らずに蝕んでいくような
メッセージやプログラムが溢れていて、

若者も年老いた者も、
その年齢相応の人生を豊かに生きることが
簡単ではないと感じます。

問題でないものを問題だと認識させ、
それを解決する商品をすかさず売り込んでくる
手法はお馴染みのものだし、

私たちは常に無力感と無価値感、不足感を
煽り立てられて消費に駆り立てられています。

そういう情報空間の中で、
人間の尊厳を本当に思い出させ、
実感させてくれるものに触れるのは、
とても大切なことだと思います。

若者にとっての人生の先輩世代は、
希望に見えるでしょうか。

信頼に足る存在たり得ているでしょうか。

無力感や無価値感に苛まれた精神では、
自身の尊厳を認めることが出来ません。

絶望的なまでに、
自分を支えることが出来ないからです。

そして容易く足元をすくわれ、
流されていきます。

つまり、コントロールされやすくなるのですね。

うまく利用してやろうという存在にとっては
都合の良い状態ですが、だからこそ、
そういう存在は私たちの尊厳を破壊しようと
様々に仕掛けてきます。

逆に、自らの尊厳をはっきりと認識している
人間には、彼らは容易に侵食できないのです。

そういう人は、容易く屈服しはしないし、
自らの尊厳のために戦うからです。

自らを尊く感じる自尊心は、
人間にとって非常に大切な精神の核であり、
宝物です。

それは単なる傲慢さではなく、
真に優しく、強く、そして正しく在ることの
よすがになります。

そして、その大切な宝を破壊するのに
効果的なプログラムが、人類には古くから
組み込まれてきました。

それは例えば、原罪と呼ばれる概念です。

生まれながらにして罪深い存在である
というところから出発した精神は、
どうやっても自身の尊厳を自力で回復するのは
難しいことでしょう。

生涯、罪深き者として刻み込まれる
この概念によって、どれだけその命の
尊く美しい力が台無しにされるか。

そんな偽りのプログラムによって、
長いこと歪められ、抑圧されてきた
わけです。

原罪は、主にキリスト教圏の概念ですが、
その影響の薄かった日本でも、
現代ではそれと似たようなプログラムを
公的な教育の中で陰に陽に植え込まれていますね。

私たちの本当の力を抑圧する
こうした様々なプログラムに、
気づいていることです。

そして、それでもなお、
自身の尊厳を容易に手離してはなりません。

そうしたプログラムの送り手を、
よく見ていましょう。

彼らが、一体どれほど
人間というものを理解しているか。

私たちの意識に、
何をかぶせようとしてきているのか。

そして、自分自身に深く深く対峙し、
自分が本当に彼らの言っているような
存在なのか、問い続けることです。

どんなプログラムを受け入れるのかは
自分次第です。

心が弱くなった時は、
自分の真実を思い出させてくれるもの、
心を奮い立たせてくれるものに
触れましょう。

迷っても、揺らいでも、
その中から自分で自身の道を
見出せる力をつけておくように。

日頃から、そういう精神の力をこそ
鍛えておくべきでしょう。

真に優しく、強いというのは、
そういう精神の鍛練を重ねてきた人
のことを言うのだと思います。

うわべを取り繕い、綺羅を飾った姿に
惑わされぬよう、精神の深さ、清らかさをこそ
第一義に見ることです。

自分の中の違和感を軽くあしらわず、
よく感性を磨いて、何を大事にして
生きるべきか、老いも若きも、
自分で感じ、決めるように。

私たちは誇り高き存在であること、
ゆめ、忘れることなかれ。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2023年
2月6日(月) 19:00~22:00
3月7日(火) 19:00~22:00
4月6日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 人生の明暗を分けるもの

  2. 筋を通す

  3. 快楽に没入しに行く意識

  4. 漫画「どんな自分もまるっと愛する」のご紹介

  5. 自分自身の主体性を取り戻す

カレンダー

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
TOP