虫が伝えるサインの話

明日4日(日)17時から毎月恒例の
満月のオンライン瞑想会を行います。

まだまだ参加者募集中です!
ドタ参加も大歓迎!

ご興味ある方、ぜひどうぞ。
満月のオンライン瞑想会

さて。

このところ、なぜか虫にまつわるご相談が
続けてきたので、思うところ、
まとめて書いてみようと思います。

以前にもどこかで、
虫にまつわる不思議なお話を書いた
記憶があるのですが、

とあるホテルに泊まった時に、
網戸も空けていないのに夜になったら
突然、蚊が次から次へと湧いてきて、
散々な目に遭った話とか、

あるクライアントさんが見える直前、
それまで気配もなかったし、
窓も空いていないのにハエが次々に
湧いてきて格闘した話、

セミナーで浄化のワークをした後に
帰宅したら、自宅のトイレに見たこともない
くらいに巨大な蜘蛛がいらっしゃって
びっくりした話とか、

その他にも色々、
普通では考えられないような現れ方で出現し、
後にも先にもその時だけしかなかった
印象的な虫の記憶があります。

こういう時、虫は何かスピリチュアルな
エネルギーの象徴として現れてくるのだろう
と思うのですが、虫はなかなかに
霊的な存在なのかもしれません。

今回ご相談があったのは、
どこから湧いてきたのか、蜂や蛾が
家の中に複数出現したということで、
どこから入ってきたのかもわからないし、
とても不思議だということでした。

蜂の場合は、
割と攻撃的なイメージがあったので、
私は最初、サイキックアタックなのかな、
と思っていたら、

ご本人に聞いてみると、
その出現した蜂のイメージを感じてみても、
それほど攻撃的な印象はないとのことでした。

そこで、その蜂が出現した場面を
リーディングしていくと、
どうもその方自身の収まらない気持ちの
モヤモヤの質感が捉えられ、

それを捉えると同時に、
その方の胸の内から一気に蜂が
巣をつついたように飛び出してくるような
ビジョンが見えてきました。

つまり、蜂は外部からの攻撃の象徴ではなく、
その方自身の胸の内のモヤモヤから
出現していたのでした。

そのビジョンのことをお伝えすると、
どうやら色々お心当たりがあるようでした。

その次の蛾のケースは、
どこから湧いてくるのか、家の中に
複数の蛾がひらひらしているそうで、

それまでそんなことは一度もなかったのに、
悪いことも重なったタイミングだったので、
とても気にしていらっしゃいました。

こちらは、良くない出来事が起こった
前後のエネルギーからリーディング
していくと、かなりヤバイ感じの
黒いエネルギーが見えて、どうやら
サイキックアタックのようでした。

一口にサイキックアタックと言っても、
色々な仕掛けられ方がありますが、
結構手の込んだやり口の印象が
ありましたね。

この場合は単に仕掛けられたものを
外すだけでは不完全で、
こういう出来事を引き寄せた種を
しっかり回収するところまでしないと、
危ないですね。

起こった現象や出来事を
ただ気持ち悪いとか恐いとかで
終わらせず、

それを通して自分は何に気づき、
どういう在り方に修正するのか、という
きっかけにしていくことが大切です。

こういうサインにいかに敏感に気づいて
応答できるかで、事前に大難を避けたり、
良い形でステップアップすることが
できたりします。

そのサインが警告なのか、祝福なのか
わからないときは、それを思ってみたときに
どんな感覚や気持ちになるかを感じてみる
と良いのです。

気持ち悪かったり恐かったりしたときは、
警告の意味合いが強いでしょう。

一方で、
きれいだとか楽しく感じた場合は、
祝福などポジティブな意味合いの場合が
多いでしょう。

こういうのは、頭で考えるとダメなので、
感じる感覚をしっかり使ってみてください。

あなたにも、
虫にまつわる不思議な体験がありましたら、
ぜひこっそり教えてくださいね。(^^)

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
4月24日(水)19:00~22:00
5月23日(木)19:00~22:00
6月22日(土)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. ダイレクトに本質につながる信仰

  2. 第701弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  3. 狂気にまどろむ安らぎ

  4. 自身の奥深い可能性を探求することの意義

  5. 凝り固まった心の崩壊と再生

カレンダー

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
TOP