過剰な反応の奥にある痛み

先日、外出したときに
ちょっとしたトラブルがあって、
そのことについて色々内観
していました。

詳細は省きますが、
きっかけは完全に私の不注意で、
相手の方にはご迷惑をおかけした
というのは間違いないのですが、

そこまで反応するかな、というくらいに
責め立てられて、色々大変でした。

私だったら、気を付けてね、
と言ってそれで終わりにするくらいの
ことに感じたので、非は認めるものの、
モヤモヤしたものを引きずっていました。

その出来事の物理的な処理は
淡々とやるだけなので、
どうしてその人はそんなにも
過剰とも思えるくらいの反応の仕方を
したのだろうか?というのを
見ていくことにしました。

まずは自分の中の動揺のエネルギーを
受け止め、心の置忘れや相手に
奪われたエネルギーを浄化、回収し、
少し冷静になったところで
「鏡」としての相手を見ていきます。

頭で見てしまうと、
いや、私あんな反応の仕方しないし、
と抵抗はすごく出てしまうのですが、

けれども、その人の意識の中に入ってみて、
怒りや絶対に許さん!という執念
みたいなものを感じていくと、

最初の内はあまりピンとこなかった
のですが、未だに許せないもの
ということで改めて心の奥を
探っていったところ、過去の出来事に
まさに同じ感情を見つけました。

それは、相手から見たら
実に大したことないようでも、
私にとっては許し難いことだし、
決して小さなことではないのだと
相手には分かって欲しい、
軽く見ないでほしいと思っていました。

軽く扱われるのは心外だし、
絶対に許せない、筋を通して
しかるべき責任と謝罪はしてほしい
という、あの執念が自分の中に
あったんですね。

それで、今回の出来事の相手の
あの反応が、まさに自分自身だった
とわかりました。

一つの出来事の、それぞれにとっての
受け取り方の重さ、軽さは、
これほどまでに違うというのを
改めて感じたのと、

自分にとって大したことないから
と言って、軽んじて良いわけではない
ということをしみじみと思いました。

それと同時に思ったのは、
掻き立てられた感情の責任を
そこまで相手にぶつけるのはどうなのか、
というのも命題としてある
と思いました。

基本、感情解放ワークでは、
自身の内に浮上した感情の責任は
自分で取るというのが大原則です。

その上で、相手にしてほしいことが
あるのであれば、感情を乗せないで
冷静に伝えます。

私が自分の非を認めながらも
腑に落ちなかったのは、
本来本人が取るべき感情の責任を
押し付けられたが故の違和感
だったのでした。

ということは、
私自身の過去の出来事において、
私は過剰に反応し、相手に自分の
感情の責任を押し付けている
ということを意味しています。

ものすごく不愉快だった。
理不尽に感じた。悲しかった。
ショックだった。すごく混乱したといった
様々な感情を、人にわかってもらおうと
する前に、まずは自分で受け止めなければ。

というわけで、それらの感情を
お迎えに行くことにしました。

統合作業を進めていくと、
積もりに積もった積年の心のしこりが
随分と軽く、クリアになりました。

その上で、過去の出来事を
振り返ってみると、許し難いという
あの思いは今のところ、ほぼ
感じなくなりました。

さらに、今回の出来事の相手を
思い返してみると、動揺もほぼ
なくなりました。

そこそこうまく、統合作業ができたようです。

何だか理不尽で不可解な出来事だな、
と思っていましたが、これに気づくための
出来事だったんですね。

きっと、相手の方の中にも
同じものがあるのでしょう。

もう会うことは無いと思いますが、
相手の方にも気づきへの感謝と
祝福を送っておきました。

別のレベルでの学びはまだあるかも
知れない気配は残っていますが、
まずは第一段階クリア、ということで
締めておこうと思います。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2024年
7月21日(日)17:00~20:00
8月20日(火)19:00~22:00
9月18日(水)19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 第715弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  2. 残心(ざんしん)

  3. やりたくもないことを止めるために

  4. 自分を大切にするための強さ

  5. 真夏の夜の独り言

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
TOP