自己受容から始まる歩み

どんなに憧れる人がいようとも、
体現したい理想があろうとも、
結局、私たちは今この自分を生きるしかない。

そんなことを思いました。

それは決してネガティブな意味ではなく、
ただこの自分を生きることを通してのみ、
人生の神秘と出会い、深まっていくのだ
という意味です。

今この自分を否定したところに人生はないし、
永遠にスタート地点に立つこともできません。

今この瞬間の自分を、
ぴったりと在るがままに受け入れるとき、
この自分のまま、ただただ深まっていく
自分を感じます。

何者にもなることなく、
なろうとすることもなく、
この自分が深まっていくというのは
言いようもなく神秘な感覚ですが、
その瞬間に、とても大切なものに
対峙しているのはわかります。

深まるほどに、何かを隠している自分や、
抵抗している自分、かつて封印してきた
何かの気配に気づきます。

そして、隠すのを止め、抵抗するのも止め、
封印の奥に押し込めていたものも解き放ち、
避けようとしていたものを、
丸ごと味わっていきます。

結局、隠すのも封印するのも、
起こっていることを味わうのが嫌で
逃げているだけで、それが根本的に
消えるわけではありません。

だから、
本当にまともに自分を見てしまったら、
消えていないそれらが
無数に自分の中に沈んでいるのに
気づいてしまいます。

自分がやってきたことの顛末の一切が、
やってきた通りに現れるのです。

深まっていく意識の中で、
ただただそれらに対峙し、
完了していくプロセスに
抵抗することなく、
通過させていきます。

私たちはしばしば、
移ろいゆく人生の中で、
かつてできていたことができなくなったり、
得たと思ったものを失ったりすること
に対して、恐れを抱くことがあります。

けれど、
失うことも、得ることも、
自分にとっては本質ではなく、

一度でもできたり得たりしたのなら、
そういう要素が自分の中には
確かにあるということだし、

失ってあれこれ後悔したりしたとしても、
失うことの要素が既に自分の中に
あったわけです。

得ることや失うことの種が
元々自分の中にあって、
それは植物の種が芽吹いて枝を伸ばし、
花を咲かせて実をつけるが如く、

一粒の種の中に、
既にその物語のプログラムが
存在しているわけです。

今できている、得ている状態であっても、
あるいは、
できなくなって失っている状態であっても、
それは同じ種のプログラムに刻まれた、
一場面でしかないのです。

だから、
それらに一喜一憂することは
ありません。

とは言え、
場面場面に笑い、涙するのも
人情というもの。

それでも、それら一場面に
殊更に固執する必要はないのです。

やってきたら拒絶することなく
迎え、味わい、送り出したらいいのです。

そうすることで、
次のシナリオがやってきます。

映画の作成現場で、
その日に撮るべきシーンがすべて
撮り終えられたら、次のシーンの撮影に
入れますが、

撮り終えることができなければ、
いつまでもその場面を繰り返し
演じさせられるのと一緒です。

そう考えると、
その場面のある表現を演じ切るには、
役者に力量が必要なのと同じように、

やって来るものを受け止め、
生き切るのにも、力量というものが
必要なのかもしれません。

繰り返し差し戻されて
撮り直しになった場面が、
あるときようやくそれを演じ切れる
役者になったときに、

ぐっと人間としての深みを増して、
演じることの奥深さや楽しみを
感じることができるように
なるのかもしれません。

今の自分は、
どのくらいの役を演じられる
力量があるでしょうか?

通りすがりのチョイ役、
これからの新人さん、
主役を張るくらいの存在感あるスター、
脇を固める職人芸のような名優など。

人生から差し出されたシナリオに、
みな、血反吐を吐きながら体当たり
しているのが、私たちの人生
なのかもしれません。

人生の、良い時だけが本当の自分で
それ以外は、実力を出せていない
偽物の自分だということはありません。

どちらもそれが自分なのだし、
また、それ自体が本質なのでもありません。

実力ある名優は、
どんな役でも自在であり、
役それ自体が自分ではないことを知っています。

役を演じることの重みに押しつぶされることなく、
演じ切る地力をつけるように。

そして、諸々の重みを感じても、
為すべきことを捌き、最後まで歩み切る
自分であるように。

そういう力を、今この自分を生きることで
身につけて行くんですね。

その最初の一歩は、自己否定ではなく、
自己受容から始まるのです。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
10月10日(月祝)17:00~20:00
11月8日(火) 19:00~22:00
12月8日(木) 19:00~22:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 良い時も、そうでない時も

  2. アチューメントを通して広がっていくもの

  3. 第623弾 無料遠隔ヒーリング

  4. 愛にまつわる概念の歪み

  5. 第621弾 無料遠隔ヒーリングご感想

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
TOP