自分の何が相手にその言葉を言わせているのか

私たちは日々様々な方と対話する中で、
色々な言葉を交わします。

中には、とても楽しい気持ちになる
言葉もあれば、ものすごくショックを
受けるような言葉や不快になる言葉も
あったりするでしょう。

ネガティブな言葉だと、後々まで
心の中でフラッシュバックして
どうしてあんなこと言うんだろうとか、
自分の何が悪かったんだろうとか
色々考えてしまったりもします。

こういう出来事があったとき、
様々な捉え方があると思いますが、
今日は感情解放ワークの一つの視点
についてお話してみたいと思います。

最近、何度か、
そんなことは言いたくもないのだけれど、
その人と話していると、いつの間にか
ある言葉を「言わせられる」ように
感じたことがありました。

その相手というのはそれぞれ別の方で、
言ってしまった言葉も全く別の言葉
なのですが、

言った後に感じた感覚が全く同じで、
何かその人の中にあるものに
引っ張られるようにして
言わせられている、という感覚が
あったのでした。

特にその感覚を強く確信したのが、
私が言ってしまった言葉に対する
相手の反応が、

多分これまでにも何度もそういうことが
あったのだろうな、という、とても
慣れたというか、もうお決まりのコース
のような感情と思考になだれ込んでいく
様を見て、そう確信したのでした。

ワークでは、相手にその言葉を言わせるのは
自分自身である、という考え方があります。

その相手にも人間として様々な引き出しがあり、
同じ人でも、人によって、見せる側面が
違うことはよくあります。

ある人は、Aさんには常に寛容で
朗らかな態度を見せるけれど、
Bさんにはいつもパワハラまがいの
当たりのきつい態度で接するということが
あったりします。

剛腕で鳴らした強面の男性も、
自分の娘やパートナーには
デレデレだったりする、なんていうのも
こういうケースに当てはまります。

では、人によって見せる側面が違うのは
一体何ゆえなのでしょうか?

1つは、本人の社会的なペルソナの
使い分けによって説明できる
かもしれません。

けれども、別の説明の仕方もあって、
それは、その人に接する相手が、
その人の様々な引き出しから、
まさにその一つの反応の引き出しを
引いているのです。

さきほどの例の人の側から見れば、
Aさんには何事も信頼して任せられて
安心できるけれど、Bさんにはなぜか
常にイライラ「させられる」ため、
ついついきつく当たってしまう、
という感じ方なのかもしれません。

きつく当たられるBさんにとっては

たまったものではありませんが、
そうしたくてしているわけではないのに、
言わせられているその人にとっても、

ある意味、気の毒と言えるかもしれません。

では、何がその引き出しを引く
要因になっているのでしょうか?

結局は、引き出しを引く人が
世界を、自分を、どんな風に見ているか
というところに行きつくだろうと
思うのですが、

世界は自分にいつも厳しく、
意地悪なところで、
自分はダメ人間なのだ、
と強烈に信じていれば、

その人の生きる世界は
意地悪で厳しい世界になり、
自分がダメ人間であることを
証明するような出来事が起こるでしょう。

そうやって、その証明を手伝うようなことを
周囲の人は、言わせられてしまうわけです。

もちろん、引き出しを引かれる側にとっても
同じような要素を持っている、つまりは
その中身の引き出しを持っているので、
出てきてしまうわけですが、

いずれにせよ、ネガティブな引き出しを
引き合いっこするのは、辛い関係に
なりますね。

それが良いとか悪いとかではなく、
辛いなら、気づいて対処して行くきっかけとし、
糧にしていくことはできますよね。

自分の何が、相手にその言葉を
言わせているのか、という視点で
出来事を見てみると、

誰が悪いとかそういう悪者探しをするのではなく、
自分の持っている世界観や暗示、呪いの類が
見えてくるのではないでしょうか。

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
8月12日(金) 19:00~22:00
9月10日(土) 17:00~20:00
10月10日(月祝)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 本当のところ、何をどこまで望んでいるのか

  2. 受け継がれたバトン

  3. 第615弾 無料遠隔ヒーリング

  4. 生きることの辛さの統合

  5. 自分を持つということ

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP