第611弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングテーマ】

ご先祖様たちの人生に思いを致し、労い、感謝を送るよう最高最善に働きかける

7月13日実施

*************************

今回のテーマは日頃「やった方がいいから」となんとなくしてきたご供養を 自分とご先祖 を意識して感じるようにした1週間でした。

「先祖とは昔生きて亡くなった昔の人達」としか思っていませんでした。
父、母を送ってからも仏壇や供養が身近にはなったものの「ご先祖」を身近に感じることはありませんでした。

KOUさんのセッションの中で、悲しみや孤独、恐怖を辿って 古い時代の 多分この子は私であろうと思われる子を見た時から あぁ、私かもしれないし、ご先祖の経験かもしれないが、とにかく私の中に有る、この事が先祖から繋いでもらった生きる!という事なんだな、、と私なりの理解が出来てきたと思います。

今はもう身体のないご先祖の辛かった人生も 今、私が感情の解放、カケラ君達と対峙する事で 私だけではなく、その記憶が癒されていく=ご先祖も癒されるのかも。と。

そう思うようになってから 例え辛くとも、厳しい状況でも、身体がある私は生きてるのだから、きっと対峙できる、癒せるんだ と思える流れは これこそご先祖のご加護が大きいのではないかなと思っています。

実際には元婚家のご先祖にお水お花お茶をお供えしているのですが、これも喜んでおられるようで、最近は「蒟蒻」がお好きだった方があるんだなとか、なんとなくですけどお好きなもののリクエスト?がきてるようです。
そうなってくるとご供養はとても楽しいもので、良い循環かな、と思っています。
あとは、実家の血の繋がりのあるご先祖ももう少し心配りできるようにしていきます。

今週もありがとうございました。

*************************

時に触れご先祖様に想いを寄せていました。が、父の不運の中での生を受け止めることがやっとでした。
今回は、お百度を踏み我が子の生存に掛けた祖母のオモイに触れられた感に至りました。
元気になったことを確認できてからの病死。。。。今私が在ることに感謝を伝えると頷きほほ笑んだような。

母方からは、痛む足で農作業をしている女性たちが。
医学の進歩をお伝えし、当時の生活に感謝をお伝えしました。

当地は月遅れのお盆様。引き続きワークをしたいと思います。

意義深いワークをありがとうございました。

*************************

亡くなった祖母や父を思い出して感情の気持ちを伝えるはずが、かえって、あちらに最近の私を思いっきり心配されたような、そんな愛情といいますか・・・を感じて、涙がこぼれてきました。

ちょうど下→上と子供たちが順番に夏風邪に見舞われた一週間でもありましたし、自分のことを労わったりする間もなく日々をこなしているので、時にこうして案じてくれている存在がいらっしゃるというのはありがたいですね。

*************************

今週もありがとうございました。

この5年の間に5人家族だった実家が、たった二人になってしまいました。亡くなった家族を思い出し、楽しかったこと、辛かったこと等話をする時間がいつもよりとても増えました。

懐かしい声や話し方、癖等とても鮮明に浮かび、遠くの旅に出たままで、まだ戻らないような感覚もありましたが、見守られているような温かさも同時にありました。

以前、KOUさんに、5代前のご先祖が何か訴えられています、と言ってくださいました。

あれからそのままになっています。
そのご先祖の声がどこまで聞き取れるか、
わかりませんが、何かこのままでは
ザワザワします。
ここも今生でのキーポイントですね。

自身だけではリーディング難しいので、
その時が来ましたら、
KOUさんサポートお願いします。

*************************

今まで数年間先祖供養は行ってきていたのですが、やり方に心がこもっていないようでいろいろと私にうったえてきていたので、今回はKOUさんのブログでお書きになっていたエアー接待をご先祖様に行いました。

今回自分で気づいたことは、自分はこの世の中でかなり疎外感を感じながら生きていますが、ご先祖様と繋がることで自分は決して一人ではないと気づかされました。

先祖供養によって自分の損得を求めず、お盆、お彼岸の時期だけご供養をすればいいわけでもなく、日常的にご先祖様と繋がっていることが最高の先祖供養になるとわかりました。

*************************

亡くなった親戚達の話、身近な亡くなった人の話が、何と多く出て来たことでしょう。

まるで生きている人の話をするように、皆が不思議なくらい、亡くなった人の話をしていました。

死んでしまう前に、皆で沢山笑いあって、話をしようって、話をしました。

スティーブジョブズ氏が、亡くなる直前にした話が、何故か繰り返してメッセージとして届きました。

今日も、仏壇にお線香を上げました。

頑張って参ります。
ご先祖様達に喜んで貰えるように。

*************************

KOUさん、ありがとうございました。私は、泣かない人間なのですが、今回ばかりは号泣しました。ご先祖さまから私に伝えられてきた、たくさんの想いに触れた時に。

どうも、家系的に、女性が、苦労し、がんばるわりに、女性として軽んじられたり、女性だから、理不尽な仕打ちを受けたりと、あんまり、女性に生まれて、幸せ!良かった!っていう人生が見当たらずに、貧困や戦争や、理不尽な仕打ちに耐えながら、それでも、懸命に生きて、私に命を繋いでくれたことに感謝の想いと共に涙が、溢れました。

母の不幸の原因となったらしい私の存在。

自分の存在を否定することを自分が受け入れて、自分を嫌い、笑うことを止め、あ~自分は、生まれてこなければ、よかった!と、どこか、自分で自分を突き放すような、自分で自分を罰するようなパターンが、あったのですが、先祖の想いに触れた途端に、感謝の想いに変わりました。
自分の存在、今、生きていることの感謝へと。

この罪悪感は、私だけのものでなく、亡くなった父も幸せになっては、いけない~という信じ込みを持っていて、やはり、先祖の信じ込みなども、子孫に引き継がれているんだと、しみじみ、感じ入りました。

先祖は子孫の幸せと繁栄を願ってくれている。

感謝申し上げます。このことが、直感的にわかって、涙、涙、涙!!本当に、ありがとうございました。m(_ _)m

関連記事

お知らせ

●満月のオンライン瞑想会
2022年
8月12日(金) 19:00~22:00
9月10日(土) 17:00~20:00
10月10日(月祝)17:00~20:00
・・・
●もしこちらの新サイトのブログが更新されてなかったら、 以下のミラーサイトをご確認ください。
・・・
アメブロ
https://ameblo.jp/25258pkou/entry-12734758809.html
・・・
gooブログ
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou

最近の記事

  1. 本当のところ、何をどこまで望んでいるのか

  2. 受け継がれたバトン

  3. 第615弾 無料遠隔ヒーリング

  4. 生きることの辛さの統合

  5. 自分を持つということ

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP