自分自身の本分を生きる

私たちの中に寄生する存在たちはあたかもそれらがその人自身であるかのように振舞い、選択し、人生を方向付け、行動させているのを目の当たりにしてき

「自分がお留守」な人々

本来だったら、その刺激を受けたことによって自分の中で生じる様々な感情や感覚をしっかり認識して受け止めて、自分はこう感じる。こう思う。それは嫌

TOP