始めるために、終わらせる

長く慣れ親しんだプログラムほど、自分と同化してアイデンティティの一部のようになっていることもありますが、何かの拍子に、これは自分の本質とは違

産土神様の慈愛

こういう、古くから街中に在って人々の信仰とともに在った神様は、自身の守る土地に暮らす人々と深く繋がっているところがあると感じます。神様に意識

自分を許し、祝福する

ダメだとジャッジメントしていた自身の側面を深く見つめて、善し。と一つ一つ祝福していけたら、それはすごい変容をもたらしそうです。祝福するたびに

今の自分と昔の自分

わがままも、ただ駄々をこねるのではなく、わがままを貫き通すために生じるリスクを自分で負うことができるなら、一本筋が通ってていいんじゃないの?

問い続けること

これをしたいのだ、これができなくてはならない、という必要性が先にある状況なら、リアルタイムで存在のあらゆるレベルを総動員してそれを実現するよ

TOP