意識の使い方と「行」

ただ体を動かしていれば行になるのではなく、今ここで、意識をいかに使うか、というところに重要なエッセンスがある、とも言えそうです。そして、意識

逃げ道を断つ

逃げ道を断つほどに、純粋な自分自身になっていきます。決断するために迷い、あらゆる可能性を吟味し、恐れに向き合い、ということをしている内に、自

波を起こして、波に乗る

停滞したフィールドにいる限り、そこで想像することはクリエイティブなものとは対極の、恐れと不安に満ちた、退行するような考えになります。だから、

アイテムに依存する心理

このアイテムを持てばもう恐いものなしだ!とか、調子に乗ってはいけませんね。そんな風になったときこそ、よからぬものに足元をすくわれやすいときな

自分のルーツに立ち返る

自分が何者であるのかを知ることは、自身のルーツを知ることに始まり、その根から受け取ったものをこの人生でいかに表現するのか、ということにつなが

伝える覚悟

だから私は、「お伝えすべきもの」が人間目線でとても伝えずらいものであるときほど、自身の在り方を正します。例え嫌われても、その方がそれでひどく

TOP