時間と空間を広げる

感情は、時間的な経緯があって抱くものです。時間があるということは、空間も存在しています。ですので、ワークで不可思議な感覚が出てきたときは、そ

ミッション

どんなに一方的な被害者と見えても、道義的社会的法的レベルとは別のレベルから見れば、必ずその出来事を成立させる要因を持っています。本当にその出

「正解」を求める人たち

自分で決めなくていい。考えなくていい。というのは、一見その結果を引き受けなくても良いような錯覚を起こして、決断する際のプレッシャーから解放さ

不誠実な仮面

本人が内側にある自身の側面を、徹底的に否定拒絶し封印していると、ある種、その人の一部が死んでいるような状態として私には感じられます。それが強

TOP